スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム・バチスタの栄光 

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光
海堂 尊 (2006/01)
宝島社
この商品の詳細を見る

東城大学医学部附属病院ではアメリカ帰りの心臓外科医桐生によって編成されたバチスタ手術専門
「チーム・バチスタ」が成功率60%といわれるバチスタ手術を100%の成功を収めていた。
しかし3件続けて術死が発生。
病院長高階は万年神経内科の不定愁訴外来の田口に内部調査を依頼する。
そして調査のために手術を見学する田口の目の前でまた…

一部の探偵役は田口医師。
田口は大学病院にいながらも出世を望まない医師らしくない医師。
大学病院のしがらみに縛られてない立場っていうのは調査役にはうってつけなのかもしれないです。
内部調査っていうのはこっそりと行うものと思ってたら違ってました。
そりゃスッタフに聞かなきゃ原因なんて、わからんですよね。
うってかわって二部からは厚生省役人、白鳥氏登場。
かなり変わった人物ですが頭がキレるんです。
どこか誰かに似ているような気もしますが…
相手を怒らせて自分のペースに巻き込んでしまう手法はお見事と言っていいでしょうか。
それにしても彼は最初から、原因をお見通しだったのではと思えてきます。
脇役のキャラもよかったです。
妙に存在感ある藤原看護師がステキですね。
桐生兄弟もなかなか。
星野さんの天才的な器機出しっていうのが気になります。

確かに面白かったのですが、ひっかかるのは最後の患者は助けることができたということ。
この患者の死によって、真相が明らかになるというのは命の重さを考えさせられます。
ほとんどネタバレかも!注意↓

麻酔科医というのは、他の医師と比べ軽んじられているという問題。
それなのに慢性的な人材不足、手術の掛け持ち…思うより過酷なんですよね。
これは以前にも「破裂」でも取り上げられてました。
そうなんですよね、確かに手術をしてくれた外科医には感謝するけど、その手術に携わったスッタフまでには
患者は気がまわらないですよね。
大きな病院ほど軋轢があるのかもしれないですね。
それにしてもどこかで狂ってしまうのでしょうか…
ここに持ってくるとこは、なんだかね…
単なるミスで終わって欲しかった気も…

海堂さんも現役医師なのですね。
帚木サマ、「破裂」の久坂部さんにしても医師の書かれるものには、
私たちの知らない医療の現場の問題が詰め込まれていますね。
うーん自分が病気になったとき、安心して命をまかせられるかしら…

コメント

bonさん、こんばんわ。
私はこれ、白鳥のキャラとか、桐生兄弟とか
そっちの方ばかり目がいってしまったのですが、
大学病院の政治がおもしろおかしく書かれてるだけじゃなく、
麻酔科医の葛藤とか、医療現場がきっちり描かれてたんですよね。
そういえば、最後の患者は助けることもでき
たし・・。
白鳥のキャラに翻弄されて、あーおもしろかったで終わってしまって反省。

juneさん そんなことないですよ。
私が医療モノに厳しいのかもしれません。
ミステリーとして読めば、よかったのかもしれないです。
でもせっかくバチスタで助かった命ですもんね。
白鳥と田口コンビよかったですね。
続編もこのコンビみたいですね。
氷姫も加わるようだから楽しみですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/96-851591ec

妄想キャスティング――海堂尊【チーム・バチスタの栄光】

第4回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作。応募時のタイトルは「チーム・バチスタの崩壊」で、大賞に決まって出版する際に「栄光」と変えたらしい。「崩壊」ではストレートすぎ。「栄光」のほうが皮肉めいた感
  • [2006/10/02 08:49]
  • URL |
  • ぱんどら日記 |
  • TOP ▲

やはり出た。海堂尊【チーム・バチスタの栄光】の続編。

第4回『このミステリーがすごい!』で大賞を受賞した【チーム・バチスタの栄光】。続編の予感が色濃く漂っていたが、その予感が的中した。やはり出た。その名も【ナイチンゲールの沈黙】。 ナイチンゲール
  • [2006/10/02 08:49]
  • URL |
  • ぱんどら日記 |
  • TOP ▲

「チーム・バチスタの栄光」海堂尊

チーム・バチスタの栄光おもしろかったですー。評判いいのは知ってましたが、納得しました。これは誰が読んでも楽しめるのではないかと思います。作者が現役の医師ということで、大学病院のヒエラルキーや医療現場の様子が生々しく描かれているのですが、それが白い巨塔....
  • [2006/10/03 22:19]
  • URL |
  • 本のある生活 |
  • TOP ▲

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光海堂 尊 (2006/01)宝島社 この商品の詳細を見る東城大学医学部付属病院の「チーム・バチスタ」とはバチスタ手術(左心室縮小形成術)を専門とし、成功率100%を誇っている。しかし立て続けに3例の術

「チーム・バチスタの栄光」海堂 尊

「チーム・バチスタの栄光」海堂 尊 375 p 宝島社心臓移植の代替手術を行う「チーム・バチスタ」が、次々に成功を収めていた。が、突如 三例続けて術中死が発生した。内部調査の役目を おおせつかったのは、田口という神経内科教室の万年講師だった。《バチスタ手術とは》
  • [2006/11/15 17:07]
  • URL |
  • 壹萬壹阡之本 |
  • TOP ▲

チーム・バチスタの栄光 海堂尊

チーム・バチスタの栄光この本は「ひなたでゆるり」のリサさんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評まず圧倒されました。医療とか医者の世界の専門知識。わかるかわからないかで言ったら、全然わからない。最初読みはじめ....
  • [2006/11/20 15:50]
  • URL |
  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! |
  • TOP ▲

『チーム・バチスタの栄光』  海堂 尊  宝島社文庫

チーム・バチスタの栄光(上) チーム・バチスタの栄光(下) 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外...
  • [2008/01/21 20:50]
  • URL |
  • みかんのReading Diary♪ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。