スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銃とチョコレート 

銃とチョコレート 銃とチョコレート
乙一 (2006/05/31)
講談社
この商品の詳細を見る

父を亡くし母と二人で暮らすリンツの住む国では、怪盗ゴディバによって金持ちの家から
金貨や宝石を盗まれるという事件が多発していた。
ゴディバを捕まえようとする探偵ロイズは子供たちの間でも人気だった。
ある日リンツは父が亡くなる前に一緒に露天商から買った聖書の中に、地図を見つける。
その地図は怪盗ゴディバに関係しているようだった…

ミステリーランドということなので児童書です。
でも充分大人も楽しめると思います。
怪盗VS名探偵という図式でも楽しめるのですが、そうじゃないところが乙一作品。
リンツ、そんなヤツ信用しちゃダメだよってやはり子供よねって思ってたのに、
げげっそうなっていくんかいってくらい展開が転がっていくし。
ドゥバイヨルなんて、こんな子供登場させていいの~って思うほど乱暴者だし。
意外と頭キレるし、優しいとこもあったり、いったい彼はナニ者?
いやぁブラックテイストですなぁ。
それでいて、戦争や、移民、宗教の問題も盛り込まれていたり、差別について
考えさせられたりします。
正しいって思ってることって、本当にそうなの?
ひとつの方向から見ると見えない部分があるんだよね。

登場人物はチョコレートにちなんだ名前だったんですね。
じつは私、チョコ嫌いなんです…
さすがにゴディバやロイズは知ってましたけど。
それと挿絵が独特の世界でした。
セピア色でヨーロッパの匂いをかもしだしてるんだけど、人物が…コワイ。
でも地図の絵はよかったです。
こういう鳥瞰図が好きなんですよ。
こまごまとした町並み、小さいもの好きにはたまりませんな。

さてこの本児童書なのですが、コレを小5のムスメが読むかなぁとちょっと疑問。
どうも外国が舞台ってのは、苦手らしいです。
漫画テイストなもんばっかり読んでいて、私も何を薦めたらいいのやらいつも考えてしまいます。
でも乙一ブラックを子供がどう捉えるか、ちょっと興味があるなぁ。

コメント

bonさん☆こんばんは
子供って案外ブラックなのが好きだったりしますからねぇ。
挿絵は確かに怖いけど(^_^;)
自分が子供だったときのことを考えると、これくらいはアリかなぁなんて思います。

あまり心配しなくてもいいのかしら(笑)
親目線と、子目線じゃ違ってきますよね…
意外と喜んだりするかも。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/91-6f1adeec

「銃とチョコレート」 乙一

銃とチョコレートposted with amazlet on 06.10.13
  • [2006/10/15 18:18]
  • URL |
  • ついてる日記? |
  • TOP ▲

児童書(外国)の感動

面白かったです。又続きが見たくなる展開でした。エラゴンが面白かったので続きを読みたくて購入しました。本当は文庫本タイプの方が安価で扱い易いのですが、出版されていないので残念です。本当に面白く、読む毎に物語の中に引き込まれていくようです。オーダーして5日目
  • [2007/07/27 00:28]
  • URL |
  • 児童書がいっぱい |
  • TOP ▲

・・ 郵便局・Paradise Kiss・Grandfather's Journey・ 『デモナータ一幕 ロード・ロス/ダレン・シャン』・『翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった』・長くつ下のピッピ・ 銃とチョコレート・行って来ました。東京国際ブックフェア!・お薦めリンク一覧
  • [2007/09/09 13:26]
  • URL |
  • 児童書への思い |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。