スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

袋小路の男 

袋小路の男 袋小路の男
絲山 秋子 (2004/10/28)
講談社
この商品の詳細を見る

「袋小路の男」「小田切孝の言い分」「アーリオ オーリオ」の3篇。

「袋小路の男」
高校生のときからわたしは先輩に片思いをしている。
どんなに相手にされてなくても、約束を忘れられようとも…
離れても離れられない…

「小田切孝の言い分」
「袋小路の男」が大谷日向子からの視点だけだったのですが、こちらは片思いの相手
小田切の言い分も語られてます。
18年間の片思い…もちろんその間には、小田切から離れ恋もしたりしてるんだけど、
結局好きなのは小田切だと思い知らされてしまう。
読んでいて不覚にも泣きそうになってしまいました。
こんな人をなぜ好きになってしまうんだろうと絶えず日向子は思っていたんじゃないかな。
だけど人を好きになる気持ちって止められないし、自分でも判らないものだと思う。
この一途な想いが、ある意味羨ましかったりする。
片思いしている時が、一番いい時だったりするんだよね。
このつかず離れずの距離が理想的なのかもしれない。
はたから見れば「なにやってんのアンタたち…」って思うんだろうけど。
なにも一緒にいることがその人にとって幸せってわけじゃないんだよ。
好きだって思っていられることが幸せなんだよ。
小田切もじつはこの距離に幸せを見出しているのかもしれない。
もし二人が寄り添ってしまったら…
二人ともこの思いが消えてしまうことが怖いのかもしれない。

「アーリオ オーリオ」
こちらもよかったです。
科学好きの哲と姪っ子の美由の手紙のやりとり。
中学生らしく親に反発したり、友達がいないのかなと思わせる手紙。
それに答えることないけど、確実に美由になにかを伝えている哲。
手紙というスローな時間の流れ。
微笑ましい関係に割りいってくる現実問題…
だけど変わらないんだろうなぁ、星の輝きのように。

絲山さん「イッツ・オンリー・トーク」を読んだ時は、正直なんだかなぁ…って思ってしまったんですよ。
だけど不愉快ってわけじゃなく、どうなんだろ?とつかみどころがなかったんですよね。
で、寺島忍主演の「やわらかい生活」をなにかで紹介してたんですよ。
なかなか面白そうだなぁって思ったら、「イッツ・オンリー・トーク」なんですよ、原作。
あぁこうとらえればよかったのかって思いました。

この「袋小路の男」は好みでした。


コメント

bonさん、こんばんわ
私もこれ好きです。
日向子にしてみたら、生殺しのような気がしますが、
こういう気持ちを12年も持ち続けるって、ある意味幸せですよね。
普通とは違う微妙な距離感だけど、これがこの2人にはベストなのかも・・。
ここまでくると、確かにいまさら寄り添うのは怖いというのあるかも。

juneさん こんばんは!
絲山さん苦手かなぁと思ってたけど、これ読んで考えが変わりました。
なんか日向子の気持ちわかるんです。
実際に体験したわけじゃないんですが。
若いときにはわからないけど、トシとった今じゃこういう距離が羨ましかったりします。
この関係が壊れるのって、ホント二人にとっては怖いことだと思います。
ずっとこのままなのかもしれないですね。

bonさん☆こんばんは
長く付き合っていても、いかにお互いのことを分からずにいるかってことが面白かったですねぇ。
ふとしたきっかけで「アレっ?」という発見があったりして、人生なんて誤解の積み重ねなのかもしれませんね。

rokoさん こんばんは♪
確かにお互いを一番知っているようで、かんじんなことを知ってなかったですね。
人生なんて誤解の積み重ね…深みのあるお言葉でうんうんとうなずいてしまいました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/88-97cad754

袋小路の男

袋小路の男絲山秋子純愛というのがそもそもどういうものなのかよくわかってないのですが、これはまぎれもなく恋愛小説。友達という関係を崩したくなくて、気持ちを隠して友達として付き合い続けるというのは、よく聞くけれど、この場合は明らかに気持ちを知っているの....
  • [2006/09/18 21:01]
  • URL |
  • 本のある生活 |
  • TOP ▲

袋小路の男

袋小路の男posted with amazlet on 05.08.04 絲山
  • [2006/09/18 21:57]
  • URL |
  • ついてる日記? |
  • TOP ▲

袋小路の男 絲山秋子

袋小路の男■やぎっちょ書評いやぁ。良かったですね。空気が。むにょむにょとした日向子と小田切孝の関係がなんなと良かったです。自分がこういう関係になるのはちょっとヤだけど。。。あ、でもね。先に書きたいんだけど、「袋小路の男」「小田切孝の言い分」は連....
  • [2007/08/28 17:05]
  • URL |
  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。