スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

容疑者Xの献身 

容疑者Xの献身 容疑者Xの献身
東野 圭吾 (2005/08/25)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

元ホステスで今は弁当店で働く花岡靖子は、中学生の娘と二人で暮らしていた。
ある日別れた元夫にしつこく復縁を迫られ、殺してしまう。
そこへ靖子に思いをよせる隣人の数学教師石神があらわれ、協力を申し出る…

東野さん直木賞受賞作、2005このミス第1位。
やっと読むことができました。
ガリレオシリーズの湯川と草薙刑事です。
物理学者湯川と数学教師石神は帝都大学での同級生であり、ライバルであり友人だったのです。
今回は湯川が友情のために、動きます。
石神の誤算はこの湯川だったんですよね…
でも、この友情には泣かされます。
特に二人とも一風変わった者同士で、なにか通じるものがあるんでしょうね。
石神は数学だけが生きがいというところからも女性にもてることもなく冴えないかんじなのですが、
できない高校生相手に数学の必要性を教えてるところなんか、じつはいい先生なのかもしれないなぁ
と思いました。
数学とか物理とかって苦手な人も多いと思うのですが(私も!)哲学的で意外と面白いんですよね。
でも苦手。

ちょっとネタバレです↓

身元を隠さなければいけないようにしてるのに、すぐに身元もわかるようにしている…
これがずっとひっかかってたんですよ。
もしかして死体は、違うのか?ってずっとモヤモヤしてて…
だけどその理由がわかったときには、やはり驚きました。
そこまでして守りたかったのか…
反感の思いもあったのですが、最後の石神の思いを読むとウルっとしてしまいました。
だけど湯川が諌めたように無駄な歯車はないんです。
彼の行為は、たとえ真相がわからなくても決して彼女達を守ることはできなかったと思います。


とはいえ東野さんって幅広いよなぁ…

コメント

結構東野作品読んでるのになぜかガリレオシリーズは未読。
コレが湯川氏お初でした。
無意識に物理学者を避けてたのかも(笑)。
それにしても人の心は他人には分からないものなのよね~。
彼は悲しいくらい一途だったね。

ガリレオシリーズは、私もちょっとイマイチ…
忘れてるものも多いかも(笑)
孤独の中にあらわれちゃったんだもんね、一途になっちゃうよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/87-bd1258fa

容疑者Xの献身/東野圭吾

まず…湯川シリーズ最新作のようでしたがこのシリーズはたぶん読んでないので順番を誤った感が(-_-;)。数学以外なんの興味もない高校教師石神が密かに思いを寄せるアパートの隣人靖子。しつこく付きまとう別れた夫を殺害してしまった靖子を救うべく天才数学者の頭脳は巧妙な
  • [2006/09/18 00:11]
  • URL |
  • ひまさえあれば |
  • TOP ▲

容疑者Xの献身

容疑者Xの献身東野 圭吾 by G-Tools天才的な数学者でありながら高校教師として勤務する石神の隣に住む母娘が犯した殺人。母娘を守るため石神は何をし、彼女たちをどう守るのか…。不器用すぎる男の愛の形に彼の友人であり、物理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。