スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天狗風―霊験お初捕物控〈2〉 

天狗風―霊験お初捕物控〈2〉 天狗風―霊験お初捕物控〈2〉
宮部 みゆき (2001/09)
講談社
この商品の詳細を見る

祝言を間近に控えた下駄屋の娘おあきが、父親政吉の目の前で真っ赤な朝焼けにおこった
一陣の風とともに消えた。
不思議な力を持つお初は、兄の岡っ引きの六蔵、役人の息子でありながら算学の道に進んだ
右京之介とともに事件を調べる。
そして八百屋の娘お律が同じように神隠しにあったかのように消えてしまう。

お初シリーズ第2弾の再読です。
捕り物小説というより、冒険小説です。
不思議な力を持つ主人公が、仲間とともに謎をといたり危ない目にあったり戦ったり、
そして大きな敵へとたどりつく。
その巨大な力に、主人公危うし!
そういえば宮部さんってゲーム好きなんですよね、なんか納得。
今回は頼もしい味方「鉄」の登場で、より面白かったです。
事件だけを追っていけば重いものですが、こういう要素が加わると息がぬけるというかほっとできますね。
お初とのかけあいも、お見事。
それにしてももののけは人間の弱い心に入り込んでくるんですね。
事件の原因となったのも、女の醜い心。
でも本当は淋しかっただけなのかもしれないですね。
誰かに心を開いていれば…誰かが彼女の気持ちに気付いていれば…
こういう醜い気持ちは、誰もが起こりうることなんですよね。
もののけはとりつかないにしても、気をつけばければいけないですね。

コメント

すっごい面白かったです!「震える岩」よりも私はこちらの方が納得しました。心の隙、お律の妹お玉の妬み、おあきの父の複雑な胸中、そういうものにつけ入る魔物、読み応えありましたね。
本当は、最後に鉄二郎とおあきが、下駄屋を二人で立て直す、なんて一文があったら最高なのにな、と思いました。

>じゃじゃままさん 心の隙間につけこんできますよね。
でもとりまくキャラクターがなんともいいですよね。
「鉄」はホントいい味だしてました。
そっかぁ、二人で立て直すというのもいい終わり方かもしれないですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/75-579ac293

天狗風 霊験お初捕物控

お初シリーズ第二弾!!読み応え充分!現代ものばかり読んでると、トリックや謎解きが当たり前で、つい、だから一体どういうわけ?と期待してしまうんだけど、宮部氏の時代物は、そうではない。昔は人間の仕業ではない、もののけとか神隠し、あったのかもしれない。 なんで
  • [2007/07/22 12:02]
  • URL |
  • じゃじゃままブックレビュー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。