スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震える岩―霊験お初捕物控 

震える岩―霊験お初捕物控震える岩―霊験お初捕物控
宮部 みゆき

講談社 1997-09
売り上げランキング : 14,369

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お初シリーズの長編です。
不思議な力を持つお初は、「死人憑き」となった男を調べに行く。
そして小さな女の子の死体が、お初の力によって発見される。
同じ頃、忠臣蔵にいわれある屋敷の庭にある岩が夜な夜な鳴動するという…

この謎は、百年前に起きた赤穂浪士事件へとつながっていきます。
忠臣蔵として今でも人気の忠義の事件…
これをまったく違った観点から、見てしまおうっていうんだから興味深いですよね。
今回もユニークな面々登場。
右京之介サマ…憎めない男ですね。
それでもって芯の強いお方だわ。
お初に見える力…死者の悲しい叫びが引き起こすものかもしれないですね。



コメント

死人憑きなどなど、短編かと思ってたら長編でした。というか結局は一つの原因だったんですよね。面白かったです。
お初の生い立ちが、この能力になにか関係してるんでしょうか。次も楽しみです。

じゃじゃままさん こんばんは!
短編も面白いですよ~。
宮部さんの時代モノはほっとするところがあるのでいいですよね。
お初のこれからも気になるところですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/71-bceec270

震える岩 宮部みゆき著。

急に宮部氏の時代物が読みたくなって借りてきました。 短編かと思いきや、長編でしたね。 見えないものが見えて、聞こえないものが聞こえる能力を持つお初。 ある長屋で死んだ者が生き返った。そして江戸で起こる幼子の連続殺人事件。100年前の赤穂浪士討ち入りと奇妙に
  • [2007/06/18 12:10]
  • URL |
  • じゃじゃままブックレビュー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。