スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図南の翼 

図南の翼―十二国記図南の翼―十二国記
小野 不由美

講談社 1996-02
売り上げランキング : 8,660

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先王が斃れてから27年たつ恭国。
国の治安は乱れ、災厄は続き、妖魔が徘徊するまでになり、荒れていた。
珠晶は裕福な家に生まれ育っていたが、国を救おうとしない大人に幻滅し
ある決意のもと家を出る。
自分がこの国の王となると…

12歳の少女が王になるために過酷な昇山の旅に出る。
道案内に雇った剛氏の頑丘、旅の途中で出会った利広とともに。
黄海での旅は過酷です。
ここで大人の見栄とも言える醜い争いを珠晶は見ることになります。
なぜルールに従わないのか?とも思えますよね。
そんな大人たちに自分の思いを伝えられる珠晶は、立派だなと思います。
これから彼女を待ち受ける運命はもっと過酷なものかもしれないですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/70-35ec2e70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。