スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東の海神 西の滄海 

東の海神 西の滄海 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート東の海神 西の滄海 十二国記 講談社X文庫―ホワイトハート
小野 不由美

講談社 1994-06
売り上げランキング : 15,084

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


雁国は暴君のために廃墟となっていたが、新しい王となり少しずつ再考していたが、雁国の麒麟六太は王尚隆に選んだことに迷いが生じていた。
そんな時、昔出会った更夜という少年が六太を訪ねてくる。
彼は妖魔を連れていた孤児だった…

延王と延麒にこんな時もあったのですね。
二人はお互いを信頼しあい、なんでもポンポンと言い合える仲だと思っていたのですが…
やはりこういうことを経験して、強く結びついていくのですね。
こんなエピソードが読めてよかったです。
それにしても六太は、繊細なのですね。
これも意外だったわ。
国を治めていくには、長い年月が必要なのでしょう。
たとえそのやり方がまわりには理解されなくても。
王は王の道を歩いていくのですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/57-7bc96720

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。