スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼんくら 

4062100886ぼんくら
宮部 みゆき

講談社 2000-04
売り上げランキング : 121,721

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

再読です。落ち着く先をなんとなく覚えているせいか最初に読んだときのワクワク感は減ってます。
でもやはり面白かった。
誰もが振り向く美少年弓之助となんでも覚えてしまうおでこがいいですねー。
もちろん同心の平四郎も煮売り屋のお徳もね、人柄があったかくて好きです。
鉄瓶長屋で起こった事件をきっかけに、それまでの差配人が出て行き新しく来たのは若い佐吉。しかしくしの歯がかけていくように、空き家になっていく…
なぜ地主の湊屋は、若い差配人をたてたのか?なぜ店子が出て行ったのか?
ミステリー仕立てで物語は進んでいくのですが登場人物が面白く、どこかほっこりしてしまう。
結末はちょっと淋しいものなんだけど。

因縁につぐ因縁…繋がっていくものなんですね。
これからは皆が幸せになっていきますように。
ということで続編の「日暮し」借りてます。


しかし長かった。読むペースがダウン↓ダウン↓ダウン↓
おそらく半月近くかけてしまったかもしれない。
なんせ寝る前にしか本を開かなかったもんなぁ。
そして…10分もすると寝てたもんなぁ(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/47-c0beec63

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。