スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまけのこ 

4104507040おまけのこ
畠中 恵

新潮社 2005-08-19
売り上げランキング : 1,214

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「しゃばけ」シリーズ第4弾。
今までとちょっと違うなぁと感じたのは、マンネリというわけじゃないのですが、
大きな事件がなかったせいかも。
確かにいつものように若だんなが病の床につき、妖たちと事件を解決していくことは
面白かったのですが、やっぱりなにかひとつ足りない気がしました。
それになんだか若だんなの具合がどんどん悪くなっていくようで、ちょっと心配。
若だんなの子供のころの話もあって、こちらは楽しかったです。
兄やたちがいなかったのが物足りなかったけど(笑)
でも栄吉との友情のきっかけがわかってよかったです。
お互いが心配しあういい友達だものね。
次回では、ぜひ嫁取り問題などの大きな事件が起こってほしいわー。

詳しい感想はコチラから。

コメント

実はこのシリーズ、前から気になってるの。
図書館本がさばけたら読んでみようかなー。

keiちゃん こんばんは。
このシリーズは、ほんわかしてるよー。
妖の鳴家がかわいいのよ。小鬼なんだけどね。
なんかホッとしたいものを読みたいときにいいよー。

 こんにちは、TBありがとうございました。

 せちがらい世の中なので、こういう作品を見るとほっとしますよね☆

>カツミアオイさん 
こちらこそTBありがとうございました。
「しゃばけ」シリーズは、ほっとできますよね。
これからもずっと続いてほしいですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/38-b3a55042

「友達/棒になった男」「おまけのこ」(小説感想)

<B>「友達 棒になった男」</B>(安部公房)<B>あらすじ</B> 男の家に、9人家族の珍妙な人々がやってきた。 彼らは非常に友好的だがとかく強引。警察を呼んで不法侵入を訴えても話にならない。 やがて、男は奇妙な扱いをされることとなってしま
  • [2006/12/08 01:26]
  • URL |
  • EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。