スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読了本と次読み本 

森絵都さん「アーモンド入りチョコレートのワルツ」読了しました。
中学生が主人公の短編3篇。
大人も中高生も小学校の高学年でも楽しめる本だと思いました。
感想はまた後日。
で、今日のフジテレビの金曜エンタテイメント「凶笑面」があるのに気付き
慌てて積読の中から原作の北森鴻さん「凶笑面」を引っ張り出す。
でも、間に合わなかったので録画しました。
前にアンソロジー「大密室」でこの蓮丈那智シリーズが入ってたんですよ。
それで気にはなっていたのですが…なかなかめぐり合えなかったのに先日ブックオフで発見!
即積読の仲間入り。
那智もいいですが三國もいいですわー。

じつはこのドラマの主役の木村多江さんは好きな女優さんなのです。
三國役の岡田君も結構好き。
いいコンビだわ。
ぜひともドラマもシリーズ化して欲しいです。
民俗学がイマイチ想像できないことがあるのですが、映像で見るとわかりやすいだろうなぁと期待してます。

コメント

bonちゃん、おはよう♪。
「凶笑面」、家事の傍ら見たよ。あんまりちゃんと観れなかったので、エンドロールで、原作が北森鴻さんとチェックしたので原作を読んでみよう…って、思ってたところなんだよ。ああいう土着的な話を基にしたミステリーとか小説って好きなのよ。蓮杖那智シリーズになってるのかな?。
あと、わたしも木村多江さん好きなのよ。美人なんだけど、主張しすぎない上品な顔がいいよね。訥々とした口調も耳に優しいよね。

mocoちゃん こんばんはー。
原作も面白かったよ。
民俗学って面白いよね。
大きな歴史もいいけど、生活に密着しているというのが興味をそそられます。
木村さんはいいよねー。
脇役で出ておられても、あの声に惹かれてしまうー。
とうとう主役もされるようになったし、これからのご活躍が楽しみですねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/34-0808037a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。