スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハング 

ハングハング
(2009/09/16)
誉田 哲也

商品詳細を見る


内容(「BOOK」データベースより)
いったんは迷宮入りした宝飾店オーナー殺しに新事実が浮かび上がった。
再捜査にあたった警視庁捜査一課特捜一係「堀田班」は一気に犯人にたどり着き、自供も得るが―。
初公判で犯人は、堀田班メンバーに自供を強要されたと言い出し、名指されたメンバーは首を吊った…

読み始めは仲良しチームが…というかんじでなかなかのれなかったのですが、事件が進むにつれひきこまれました。
真相がなかなか見えてこないんですよ。いったい誰が何のためにこんな凝ったことを…
と思ってたのですが、最後は肩透かしをくらったような気がします。
それにしても何人死ねばいいんでしょう。ちょっとそのへんはモヤっとします。
でも実態が見えない相手はとて不気味でした。誉田さんらしいや。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/304-2f5826bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。