スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニッポンの子育て 

ニッポンの子育て (集英社文庫)ニッポンの子育て (集英社文庫)
(2004/04)
井上 きみどり

商品詳細を見る


作者の井上きみどりさんはマンガ家さんです。
ちょうど娘を産んだころに従妹から「子供なんて大キライ!」が面白いよ~と薦められて読んだ記憶があります。
おそらく娘さんとウチの娘は一緒のトシぐらいかな。
さてそんなきみどりさんが、いろいろなケースの子育てを取材し、担当者と会話形式で紹介してくれます。
普通のご家庭もあれば、SM女王様の子育てなんかもあって、たいへん面白いです。
皆さん子供に愛情を注がれているようで、親の心が伝わってきます。中にはこのままでいいのだろか?なんて思うケースもありましたが…
身障者の子育てには、ちょっと考えさせられるものがありました。いわゆる偏見です。
私に偏見がないのかといえばウソになります。こういう世の中で私たちができることって何なんでしょうね…
このご家庭のその後が気になります。

子育て論を聞いたり読んだりするのは、苦手です。私には私なりの子育てがあるんだからって思ってしまいます。
でもこの本はそんな押し付けさがなくて、楽しく読めました。
いろんな人がいていろんな子育てがある。子供が楽しく暮らしていければそれでいいんじゃないかなと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/303-05561fd7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。