スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1Q84 BOOK1 BOOK2 

1Q84 BOOK 11Q84 BOOK 1
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


久しぶりハルキ本は 社会現象になった「1Q84」です。
読み始めて少し違和感を感じた。村上春樹ってこんなだっけ?

私が村上春樹を手にしたときは高校生のときで、「羊をめぐる冒険」だった。
今までにない衝撃を受けて、ハルキ本を読み漁ったのでした。
そして、これまた社会現象となり世に村上春樹の名を広めた「ノルウェイの森」を読まずに村上春樹から遠ざかったのでした。
なぜに村上春樹にはまったのだろう?不可思議な世界に迷い込み喪失感を味わいながらめぐるめぐる冒険(?)に心惹かれてたんだろうな。
それから「海辺のカフカ」や「アフターダーク」あたりからまたハルキ本を読みだした。
「ノルウェイ」も読んだ。(蛍、納屋やんと思ったよ。)昔のようにははまれないのは大人になったせい?

で、この「1Q84」も同じように不可思議な世界に連れ込まれてしまうのですが、主人公たる青豆、天吾が力強く感じられるのです。これが違和感のひとつなんだろうな。
そしてどんなに不可思議な世界を描こうと、現実的に思えるのも違和感のひとつ。
モデルのような宗教団体があるからなんだろうね。想像せずにはいられない。
それでもやっぱり惹きこまれてしまうんだよなぁ。
「空気さなぎ」の話が出てくるとがぜん村上春樹の世界でした。そうなんだよ、これなんだよ。
と夢中になり始めたところでページ数が少なくなり、いつものように置き去りにされたのでした。

この続きはそのうち出るようです。よかった、あれで終わりなんてたまらない。
近いうちに「アンダーグラウンド」読んでみようと思う。

1Q84 BOOK 21Q84 BOOK 2
(2009/05/29)
村上 春樹

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/299-b2804155

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。