スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京島 

東京島東京島
(2008/05)
桐野 夏生

商品詳細を見る

夫が退職したのを機に夫に連れられ清子は世界一周の船旅に出たが船は難破、たどり着いたのは無人島だった。
数ヵ月後若者を乗せた船が難破、清子たちの住む無人島に流れ着く…

いやぁ面白かった。あまりにリアリティがなくて、彼らの狼狽ぶりを想像するだけで面白かった。
島には女は清子一人。若い男たちに囲まれてパラダイスかって思うかもしれないが、そうはいかないのが桐野さん。すごいね、エゴだよ。
リーダーシップを発揮するものもおらず、まとまってるようでまとまってないのは今の若者ってことなんだろうか?
途中から中国人たちがまた島に投げ出されるのだけど、こっちのほうがまとまっていてたくましいのはなんかほんま日本人ってひ弱なんだわって思わされる。
話が進むにつれどんどん滑稽になって、ワタナベのとこで笑ったわ。こうもまぬけぶりを発揮されては一生無人島から脱出することはムリなんじゃないかって思ってくるよ。
こういう読み方っていけないかしら…

実際にこういう事件が戦時中にあったそうです。アナタハン島事件だそうです。
同じように31人の男の中に女が1人…
絶対イヤだよ、私。


コメント

bonさん☆おはようございます
わたしも「日本男子ってダメだなぁ~!」って思いながら読んでました。(^^ゞ
どんな所に投げ出されようと生き抜いていく力があるかどうかって、生物としての根源的魅力のあるなしに関わるんだなぁって思いました。

Rokoさん 3ヶ月もほったらかしでごめんなさい!

東京島、濃いかったですね~。
実際に起こったらこんなかんじなんでしょうね、日本男児。
たくましく育てねば。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/296-0c7e5e9d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。