スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

深川にゃんにゃん横丁 

深川にゃんにゃん横丁深川にゃんにゃん横丁
(2008/09)
宇江佐 真理

商品詳細を見る


先日の「いいとも」で松尾スズキ氏が猫の話をしていて、猫もしゃべるんだと言っておられました。
そしたらタイミングよくこの本の中でも猫がしゃべるとこが出てくるんですよ。
思わず頭の中を松尾氏の口調で「うみゃいうみゃい、マグロはうみゃい」って駆け巡りましたよ(笑)

とはいえ猫がしゃべる話がメインではないです。江戸深川の小さな横丁、猫が多く住むためにゃんにゃん横丁と呼ばれるとこにある喜兵衛店に住む面々の人情話です。
捕り物のような派手さはないけど穏やか流れるこの江戸の時間が好きです。
猫ってホント不思議な生き物ですよね。人のそばでじっとその人の生き方を見ているのかもしれないですね。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/295-22b77272

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。