スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソウルケイジ 

ソウルケイジソウルケイジ
(2007/03/20)
誉田 哲也

商品詳細を見る

姫川シリーズの第2弾です。前作が猟奇的だっただけに、意外とあっさりした感も。
いやいや十分猟奇的なんですけどね。人情的な要素も強いです。
今回もキャラが生き生きとしてますね。姫川をめぐる男たちの戦いも見逃せないところです。
こうも男たちを良くも悪くもひきつける女性(しかも刑事)の魅力ってなんなのでしょうね?

前作と比較するのもあれなんだけど、いったいどうなるんだ!とか、ひぇーっと驚かされたりしたもんだから今回もそれを期待してしまった。そういう意味では物足りなさも。
今回は愛なんだよね、父性愛。しっかりとした絆が感じられました。
次も楽しみにしてますね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/293-ec973ad4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。