スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストロベリーナイト 

ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る

ちょっとちょっと、面白いんですけど!グロイと聞いてましたが、なんのその面白かったです。
結構グロイのは苦手なんですけどグロイとこは想像しません、これでクリアです(笑)
主人公は警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子。とりすましたとこのある女刑事なのかと思えばなかなか人間くさい(いや間が抜けてる?)とこもありなかなか好感が持てます。
そして彼女を慕う部下たちも、憎めないキャラじゃないですか~。
展開もスピーディでリズムよく引き込まれていきましたわ。
警察小説にしては軽めの部類になるかな。それでいて縦社会、男社会の中でやっていかなきゃいけない姫川の立場の弱さに彼女を応援したくならざるを得ないです。
にしても気持ちよく騙されましたな。そうかー、そうきたか。ストロベリーナイトは甘くないのね。
「ソウルケイジ」も図書館より確保してきたので、近日中に読みます。
誉田さん、お気に入りになりそうです。

コメント

こんにちは。

私もこの本とっても気になっていたのですが・・・

そう、そうですよね!!

>ちょっとちょっと、面白いんですけど!グロイと聞いてましたが、なんのその面白かったです。
結構グロイのは苦手なんですけどグロイとこは想像しません、これでクリアです(笑)

を、読んで、そういうクリアの仕方でトライしてみたくなりました!

percyさん こんにちは!遅くなってごめんなさい~。
もう読んじゃったかな?
この本面白かったですよ~。
テンポもいいのでぜひぜひ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/290-77164854

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。