スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エ/ン/ジ/ン 

エ/ン/ジ/ンエ/ン/ジ/ン
(2009/02/28)
中島 京子

商品詳細を見る

身に覚えのない幼稚園の同窓会の招待状を受け取った、葛見隆一。仕事と恋人を失い、長い人生の休暇にさしかかった隆一は、会場でミライと出逢う。ミライは、人嫌いだったという父親の行方を捜していた。手がかりは「厭人」「ゴリ」、二つのあだ名だけ。痕跡を追い始めた隆一の前に、次々と不思議な人物が現れる。記憶の彼方から浮かび上がる、父の消えた70年代。キューブリック、ベトナム戦争、米軍住宅、そして、特撮ヒーロー番組“宇宙猿人ゴリ”―。

父を知らずに育ったミライにとって父を知るということは自分の存在を知るということなんだと思う。
知りたいが怖い。怖いが知りたい。
積極的に調べるのは隆一だということからみてもそうなのだろう。
1970年代というのは、今では考えられないエネルギーを持った時代だった。ちょうど私が生まれたのもこのあたり。私の両親が若い頃がこういう時代だったとは思えない。彼らにとってこの時代を生きたということはどういうことだったんだろう…読んでいてふとそう思った。
数少ないキーワードからミライの父を探す過程は、同じく中島さんの「イトウの恋」を思わせる。こちらのほうが登場人物が濃かったせいか、いまひとつ感情移入ができなかったかな。
実際にこの「スペクトルマン」というヒーロー番組はあったのだそうだ。ヒーローものとしては珍しく環境問題を提起させるような番組だったらしい。
どことなく生まれてくる時代が早かったんじゃないかと思われるミライの母と重ね合わせたりして…
いろんな意味で思いがこめられた作品なんだと思う。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/286-7183a542

「エンジン」中島京子

身に覚えのない幼稚園の同窓会の招待状を受け取った、葛見隆一。仕事と恋人を失い、長い人生の休暇にさしかかった隆一は、会場でミライと出逢う。ミライは、人嫌いだったという父親の行方を捜していた。手がか...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。