スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い鳥 

青い鳥青い鳥
(2007/07)
重松 清

商品詳細を見る

村内先生は非常勤の国語の教師。
国語の教師なのに吃音でうまくしゃべれない。
「タ行」と「カ行」と濁音は特につっかえてしまう。
うまくしゃべれないから「大切なこと」しかしゃべらない。
心に問題を抱えている生徒達に「ひとりぼっちじゃない」ことを伝えるために…

中学生という繊細で微妙な年頃の少年少女たちが語りかけてきます。誰も自分を理解してくれないのではという心の叫びにも似た気持ちを。
その小さなシグナルを見落としがちな大人たち。でも村内先生はそばにいて大切なことを伝えてくれるのです。
どの話もうまくしゃべれない先生の言葉が心に響きました。印象的だったのは「静かな楽隊」
中学受験に失敗し公立中学に通うあやちゃんはクラスの女子の中心人物。彼女はとても意地悪です。中学生ってこんなに残酷なのね。
仲良しの輪からはずれないように、と思っても平気でそれを踏みにじってしまう。
トゲのある言い方しか出来なかったり、相手を追い詰めてみたり。
先生は伝えることが出来たのでしょうか…
こんな先生がいてくれたら…と読まれた多くの人は思うでしょう。
現実はどうでしょうか?ここに登場してくる大多数の生徒のように先生の吃音を恥ずかしく思い困ってしまうのではないでしょうか?保護者も授業の進み具合を心配するのではないでしょうか?
先生の伝えてくれる「大切なこと」はすぐには伝わらないのかもしれません。
だけどきっと先生を必要としている先生はいるのです。先生によって救われる生徒は必ずいるはず。
最後の「カッコウの卵」では先生の教え子だったてっちゃんが先生を見かけ慕ってきてくれます。
先生嬉しかっただろうな…

重松さんは苦手です。嫌いじゃないのです。リアルで痛いのが苦手なんです。
きゅーっと胸が痛んでしまうのです。
この本もきっと子供が楽しく学校に行くことが出来てなかったら読めたかどうだか…
無事に読み終えたので、他にも重松作品を手に取ってみようと思ってます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/282-5fe0c802

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。