スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎と月 

虎と月 (ミステリーYA!)虎と月 (ミステリーYA!)
(2009/02/03)
柳 広司

商品詳細を見る

ミステリーYA!シリーズです。「山月記」の後日談といいましょうか…
「山月記」で虎になってしまった男李徴。その息子がどうして父は虎になったか?を知るために旅に出るという話です。
自分も虎になってしまうかもしれない、こういう思いが14歳の少年を旅に向かわせるのです。
この話が描かれている当時の中国がどのような政治不安を持っていたか。そのために民はどのような暮らしを強いられていたか。
いろいろな要素が絡んで、虎に成らざるをえなかった男の謎がほぐれてきます。なるほどね。
そして主人公である少年の成長記でもあるんですね。経験をつんでひとつ大人に近づいた少年。
YAならではだと思います。

「山月記」を習ったのは高校だったかな。もうウン十年前ですわ(笑)
当時もなぜかこの話は好きだった記憶があります。
久しぶりに読んでみる?とも思うのですがさてさてトシをとってしまった頭で読むことができるでしょうか(笑)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/279-6690cc40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。