スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お縫い子テルミー 

お縫い子テルミーお縫い子テルミー
(2004/02)
栗田 有起

商品詳細を見る

すごく不思議な世界でした。こういうの好きかもしれない。いや、好きです。
ありえない話なのですが、もしかしたらこういうのアリなのかもしれない。
決してキレイな話ではないけでど、おとぎ話を読んでいるような気持ちでした。
テルミーこと鈴木照美は流しのお縫い子、16歳。住まいを持たずお客の家に居候して暮らしている。
仕事が終われば居候先を去っていく…
最初の客はナイトクラブで歌うシナイちゃん。それはテルミーの初恋の相手。かなわぬ恋の相手。

息をつかせないほどの言葉の流れに乗せられてテルミーの世界に引きこまれていってしまう。
まっすぐなテルミー。しなやかな強さはどこからくるのだろう。
不思議な話。不思議な世界。なぜかこの異質な世界が心地よい。

もう1篇は「ABARE・DAICO」
小学5年生の誠二は母子家庭。体操服をなくしたことを母に言い出せず、夏休みに留守番のアルバイトを思いつく。
こちらもありえないような話なのだけど、面白い。大笑いってわけじゃなくフフっていう小笑いが続くのですよ。
とある事件に巻き込まれたり、大人びた同級生を意識したり。
留守番先の坂井さんが、妙な想像ですごい人物になってます(笑)

どちらの話もよかったです。栗田さんはぜひ他の作品も読んでみたいと思います。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/274-f2858e3c

栗田有起【お縫い子テルミー】

島育ちのテルミーが東京で流しの仕立て屋を始めたのは、シナイちゃんのおかげだ。ついこの間までシナイちゃんの部屋に居候していたが、彼へ...
  • [2009/02/26 11:08]
  • URL |
  • ぱんどらの本箱 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。