スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犯意 

犯意―その罪の読み取り方犯意―その罪の読み取り方
(2008/08)
乃南 アサ

商品詳細を見る


いよいよ裁判員制度の開始が近くなってきましたね。この本は裁判員制度に備えて、乃南さんの短編の後に弁護士で大学教授の園田先生の解説がついてます。
自分は事件なんかに巻き込まれない普通の暮らしをしていると思ってる人が大多数だと思うのですがここに書かれてるのはいつ誰が事件に巻き込まれるかわからないっていう話ばかりです。
少しだけのつもりがエスカレートしていった犯罪やホントに短絡的に衝動的な事件や訳もわからず被害者になっていったりというものばかりなんです。
そして裁判員に選ばれたら実際その裁判を目の当たりにしなきゃいけないんですよ。
テレビや新聞を通してだったら、あぁアイツが悪いとか客観的に見ると思うのですが、その事件の裏側を見なければいけなくなった時、どう判断するのか、自分の判断がその後を大きく変えてしまうかもしれないって思うとなんで裁判員制度なんて始まるんだろって思ってしまいます。
この本を読み終わった時、事件は身近なところで起きるんだと思うと気が重かったです。
特に幼児虐待の話は辛かった。虐待される子とそれを傍観していなければいけなかった子…
今もそういう子供たちがどこかにいるのではと思うと、辛い思いです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/262-d305530f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。