スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年のロケットボーイズ 

45752353182005年のロケットボーイズ
五十嵐 貴久

双葉社 2005-07
売り上げランキング : 6,664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


落ちこぼれ高校生達の寄せ集めが、キューブサットという超小型人工衛星を作ろう!っていう話です。
これがすごく面白かった!
よく考えたら技術や資金面で、なんの後ろ盾もない高校生にはムリじゃろーって思ったりしたのですが、それを差し引いても面白かった。
この仲間たちがそれぞれどこかでマイナス要因を持ってるんですが、それを逆に魅力になっているというか、その子の個性になってるんですよね。
それに主人公のじいちゃんが、高校生たち以上に個性を発揮してすごくかわいいじいちゃんなのです。
話も挫折につぐ挫折、障害ばかりなんだけど「なんとかなるさ」精神で頑張っていっちゃうんですよ。その話の流れも、すごくいい!
読み終わった後も、あったかい気持ちになれます。
でも仲間たちのその後が気になるのは、私だけ?

あとがきを読むと五十嵐さんは実際に高専の学生たちに取材されたみたいです。
ホントに宇宙や空に夢を見ている高校生達がいるんですね。
いつの日か彼らの夢がかなえばいいですね。

詳しい感想はコチラから。

コメント

文句なく楽しめる作品でしたよね♪
みんなでひとつのことに取り組む姿っていいな~と
思いました。夢をかなえるってステキです(*^▽^*)

ゆこりんさん こんにちは。
面白かったですねー。
先が見えなくても突っ走っていけるって、若さの特権みたいなところありますよね。

こんにちは。これ面白かったですよねー!
仲間たちのその後、私も気になります。
特に翔さんの・・・。

ゆうきさん こんにちは!
こういう青春モノって面白いですよね。
そうそう仲間たちのその後も知りたいです!
皆どんなオトナになってるのかしらー。

どうも、五十嵐貴久です。本人だったりします。
感想、どうもありがとうございます。
さて、そんなこんなで私の新刊「パパとムスメの7日間」が、このたび朝日新聞社から発売されました!47歳のパパと、17歳のムスメの体と心が入れ替わって起きる大騒動を描いた話でございます。よかったら、試しに読んでみていただければ嬉しいです。ではでは。五十嵐貴久でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/26-6a7aa87e

2005年のロケットボーイズ(五十嵐貴久)

キューブサットを宇宙へ飛ばそう!!落ちこぼれ高校生がひとつの夢に向って走り出し...

2005年のロケットボーイズ 五十嵐貴久

2005年のロケットボーイズ五十嵐 貴久 双葉社 2005-07by G-Tools★★★★☆ミステリーではないけど、ネタバレ警報を出したい!バリバリの文系人間なのに、電気大学付属の工業高校に通う事になってしまった、おちこぼれの主人公が、一癖も二癖もある仲間たちと共に、手作り
  • [2005/11/27 21:47]
  • URL |
  • IN MY BOOK by ゆうき |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。