スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決壊  

決壊 上巻決壊 上巻
(2008/06/26)
平野 啓一郎

商品詳細を見る


とても厚い本2冊だったのですが、ほぼ一気読み。続きが気になるんですよ。
はっきり決着せい!っていうかんじで。
でも読後は後味悪しでした…
子供の頃から優秀で東京で一人暮らしするエリートな兄、親元まで車で数時間といったところに住む弟家族。
前半は兄弟の微妙な確執が細かに書かれ、優秀な兄なのに奥底では何考えてるんだかわからないっていったかんじで
親にも思われてるようで、それぞれに温度差があるようなんです。
で、この弟が殺されるってことは表紙にも書かれてるんで、いつ殺されるの~って引っ張られちゃうんです。
この事件にもうひとつある事件が絡んでくるんですよ。
これが子を持つ親ならちょっと痛い話なんです。
そのうえネットの怖さが加わってくるんです。なんだかネットするのをためらってしまうくらい。
結構前に読んだのですが、感想書こうと思って思い返しても後味悪いな…
でも出来たら読んでみてください。そして私のモヤモヤ感を解く鍵となってください~。
決壊 下巻決壊 下巻
(2008/06/26)
平野 啓一郎

商品詳細を見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/255-d2894fde

決壊/平野啓一郎

決壊 上巻平野 啓一郎新潮社 2008-06-26by G-Tools 決壊 下巻平野 啓一郎新潮社 2008-06-26by G-Tools もう何年も芥川賞作家の作品には興味がないわたし...
  • [2008/08/26 10:38]
  • URL |
  • しょ~との ほそボソッ…日記… |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。