スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリイの籠 

リリイの籠リリイの籠
(2007/12/14)
豊島 ミホ

商品詳細を見る


仙台の女子高が舞台の連作短編。
いつものように微妙にリンクしていて、それを探すのも楽しい。
女子高生って繊細なんだな。友達のようで友達ではないのかって思わされたり。
相手より優位にたつようになってたり。女の子同士って不思議。
自分もそんな時期を過ごしてきたはずなのに、懐かしいという感情はなかった。
女子高生の話より、先生たちの感慨のほうが好きだったな。といっても先生も若いんだけど。

それにしても田舎の高校生はやはり東京に出たいもんなんだろか。
豊島さんの話はなんだかその思いが強いような気がする。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/250-bd1882d9

リリイの籠 豊島ミホ

装幀は中村光宏。装画は長谷川洋子。初出「小説宝石」+末話書き下ろし。 銀杏泥棒は金色/嫌いなものが多い美術部員の春と、モデル承諾し...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。