スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のぼうの城 

のぼうの城のぼうの城
(2007/11/28)
和田 竜

商品詳細を見る


石田三成の忍城攻めの話です。主人公は三成ではなく攻められるほうの成田長親。
この男、領民からも「でくのぼう」呼ばわりされるほどの冴えない男なのですが、なぜか慕われているのです。
「のぼう様のいうことなら仕方ない、わしらがなんとかしてやらにゃ」ってかんじなんですよ。
部下も一風変わっている者ばかりで、それをまとめれるのぼうは、じつはできるヤツなのかもとも
思わされるのです。
攻められてるのに、なぜか意気揚々としていてるんですよね。
この話、映画になるみたいです。映像化されると面白そうです。

さてこの本を読むときに偶然借りたのがコレ↓



コレ借りるといいですよ。頭の中のイメージで、水攻めとはなんぞやと思ってしまうのですが、こちらには秀吉が行った水攻めのことがわかりやすく描かれてます。
歴史ってイメージできなくて苦手って思うことがあるのですが、私は子供向けの本やこういった映像的な本を読んだりしてイメージを補ってます。
子供向けだったお江戸の本は目からウロコの話も書いてありました。
都市計画的な話だったんですが、日本の中心になるべくしてなった都市だったんですよ。
脱線してしまいましたが、歴史が苦手な方お役立てくださいませ。

コメント

こんばんは。
面白かったですね~。
のぼう様を始め、わかりやすいキャラクター設定、
シンプルでどこかすがすがしい展開がよかったです。
こういうビジュアルな副読本もいいですね。

トラックバックさせていただきました。

藍色さん いつもありがとうございます。
のぼう様はホント親しみのあるお人でしたね。
映画化されるとどういうキャスティングなのか楽しみですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/246-48c4841b

のぼうの城 和田竜

装幀は山田満明。装画はオノ・ナツメ。城戸賞受賞脚本の小説化。 天下統一を目指す秀吉配下、石田三成は武州・忍城へ。忍領全員が「(でく...

【のぼうの城】 和田竜 著

■第139回直木賞候補作品 [:拍手:] とりあえず一言… あっぱれ!!!   まずは来訪記念のポチッ[:ひらめき:] [:next:] ブログランキング[:右斜め上:] 【あらすじ】 時は乱世。 天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。 武州・忍城
  • [2008/07/03 18:27]
  • URL |
  • じゅずじの旦那 |
  • TOP ▲

初めて面白いと思った歴史小説!! 『のぼ...

   【送料無料】のぼうの城(上)  【送料無料】のぼうの城(下) 和田竜さんの作品 時は乱世。天下統一を目指す秀吉の軍勢が唯一、落とせない城があった。 武州・忍...
  • [2011/01/20 21:49]
  • URL |
  • やっほっほ~ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。