スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜種晴れ 

山本 一力
菜種晴れ








房州の菜種農家の末娘の二三は、5歳の時に江戸の遠縁の油問屋の養女となる。
油問屋では二三を我が子のように大事に育て、二三もそれに答えるかのように立派に育っていく…

5歳で養女に出されてしまう二三。仲の良い家族だっただけに不憫でならないのです。
養い親の油問屋夫婦もそりゃものすごくかわいがるんですよ。
で、実の母にしこまれたてんぷらを5歳の二三が夫婦に振舞うのです。それが見事。
いやー、5歳でここまでできるのか!
それに二三ちゃん、この運命を受け入れるのかのように、誰にも泣き言を言わないんですよ。
健気だねぇ。性格もいいもんだからどんどんまわりの大人や子供が二三ちゃんに惹かれていってしまうんです。
こうしてまっすぐに育った二三が15歳の時に大きな転機が訪れるのです。
ここでもなんと立派な態度なんだ。
なんで、なんでそうなのか。それでいいのか。
そしてそれから10年、またまた大きな出来事が降りかかってくるんです。
子供の頃の出来事が丹念に描かれていただけに大人になってからの二三の運命は納得がいかないんですよね…
その間なにしてたん?って思うところもあったりしてね。
どっちかっていったら苦労を乗り越えて大成功するって想像してたからか、肩透かしをくらったようなのかな。
幸せになってね、二三ちゃん。

コメント

これ、図書館に予約中です。山本さんの作品には、健気な女の子がよく登場しますよね。いつも、ため息をついて読んでいますが、今回は二三ちゃんなのですね。楽しみです。

>くままさん 図書館に予約中なのですね♪
くままさんの感想が楽しみです。なので今は語れない~。
読まれたらぜひ語りに行きます。
モヤっとしてるのですよ~(笑)
てんぷらが食べたくなりますよ~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/244-e6bb2d8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。