スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坊ちゃん忍者幕末見聞録  

坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)坊ちゃん忍者幕末見聞録 (中公文庫)
(2004/10)
奥泉 光

商品詳細を見る

東北の田舎に住む松吉が医者になりたいと、江戸に出ることに。
しかし貧乏ゆえに幼馴染の寅太郎のお目付け役として、寅太郎の実家が援助してくれたからだ。
江戸に向かうと思ったのだが、清河八郎にかぶれている寅太郎に京につれてこられる…

忍者といっても忍者らしいことはできない松吉。本当に真面目な普通の人間です。
新撰組や坂本竜馬は登場するのですが、そんな中心からはずれた下っぱの目線で見た幕末。
面白いことは面白いのですが、後半に差し掛かると…どうなってんだ。
現代が入り混じり、あぁもうめんどくさくなってしまったのかいって思ってしまう。
松吉がもうちょっと活躍して欲しかったなー。普通の人間なんだから仕方ないのか。
寅太郎の卑怯っぷりも笑えたんだけどな。
最後の最後までカモが出てきたので、これから先もうちょっと展開があってもよかったのにな。
きっとまだ寅太郎にふりまわされてることでしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/233-80020d79

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。