スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国盗り物語  第4巻 

国盗り物語(第4巻)改版







いよいよ最終巻です。
信長編となってますが、光秀編といってもいいです。光秀から見た信長です。
流浪の身だった光秀は義昭将軍を立てるべく信長の配下となり、秀吉と肩を並べるほどになります。
しかし信長は暴君だった。
歴史上の人物で誰が好きかというアンケートには必ず上位の信長。
叡山を焼き払い、気に入らぬ者はどんどん抹殺したことは、知られていても天下を取った(寸前だけど)
ということはかっこよく見えるんでしょうね。
だけど恐怖の支配なんですよ。独裁者なんです。
いつ自分も殺されるかもしれないという恐怖の上に成り立っている政治なのです。
光秀も最後の決意に至るまで、その恐怖に支配されていたのです。
道三によってその才能を認められた二人がこういう運命をたどるとは…

それにしても面白かったなぁ「国盗り物語」
やはり道三編のほうがよかった。妙覚寺と常在寺はチェック。いつか訪ねてみたいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/224-b2da7e49

オークション(新品メガネ・サングラス、小説古本)

新品GOLD PFEILメガネやサングラス、小説古本などを出品中。
  • [2007/09/29 20:11]
  • URL |
  • みんなのVIDEO |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。