スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国盗り物語 第1巻 

国盗り物語(第1巻)改版







歴史モードが高まっているうちに、前から読みたかった「国盗り物語」に着手。
1巻は斉藤道三前編。
僧侶であった松波庄九郎は大志を抱き還俗。京の油商奈良屋に目をつけ婿となる。
庄九郎の働きのおかげで奈良屋は繁盛するが、妬まれ取り潰しとなる。
しかし庄九郎の機転で山崎屋として油問屋を再開する。婿ではなく主人として。
そして油問屋を足がかりに、目をつけたのは美濃の国…

斉藤道三の戦国武将としてイメージは豪傑だったのですが、智恵者だったのですね。
一介の商人(しかもそれ以前は乞食同然)だったのに、武家、商家と二足のわらじを履くとは。
言葉巧みにのし上がっていくのですが、誰もそれに刃向かうことが出来ないんですよ。
いつのまにか庄九郎のペースにひきこまれていってるんです。
後編ではいよいよ国を盗りにいきますぞ!

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/220-2f6b0ae0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。