スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤朽葉家の伝説 

赤朽葉家の伝説 赤朽葉家の伝説
桜庭 一樹 (2006/12/28)
東京創元社
この商品の詳細を見る

鳥取県の紅緑村に、辺境の人に置いて行かれた万葉。
子供だった万葉は村の若夫婦に育てられるが、不思議な能力を持っていることに気付く。
製鉄業で財を成した旧家赤朽葉家に望まれて輿入れし、赤朽葉家の「千里眼奥様」と呼ばれる。
そしてその娘の毛毬は、レディースとなり漫画家となっていく…
そして毛毬の娘瞳子は…

感想が難しいなぁ。戦後から今まで3世代の女の人生を描いているのですが、正直なところ
本当に漫画みたい。
シリアスなのかそうでないのか…
千里眼に期待が膨らんでしまい、もうちょっとなにか起こるのかと思ってしまった。
いやこれだけでも充分悲しい千里眼なんだけど。
でもどうして赤朽葉家の奥様タツが万葉を嫁に選んだのかは謎。タツのほうが千里眼だったのか。
ちょうど私は毛毬の妹鞄の世代でして、毛毬の不良世代を目の当たりにして見てました。
そうですね、暴走族です。でもあの頃にはレディースってあったのかな?
微妙な時代のズレを感じつつ、自分の記憶もあいまいだなと思い、毛毬の行く末を見てました。
万葉にしても毛毬にしても、若くて楽しい時代を押し殺して生きたのではないか…
と考えてしまいます。
二人とも幸せだったのかしら…
今を生きる至って普通の瞳子は幸せを手に入れて欲しいですね。
なんせ自由なんですから。
あぁそれにしてもどうまとめていいものやら。
こういうタッチの話には慣れてないです。

コメント

三者三様の時代背景を持った女性たちの物語。
読み応えがありましたね。
大長編で書きあぐねているご様子、よくわかります。
私はすご~く長い記事になりました。
おお、千里眼は千里眼を知る…だったのですね(笑)。
もしかして桜庭さん、初読みでした?。
おすすめは、「少女には向かない職業」です。

「きみの友だち」読まれる予定みたいでうれしいです。
楽しみにしていますね。

三世代をかけめぐっていきましたよね。
私は大奥様のタツが一番謎でしたねー。
なぜに万葉を嫁に?
桜庭さんは初読みです。
他の作品はどんなかんじなのか、ちょっと気になります。

図書館の重松さんの棚の前では、手に取ったり引っ込めたり…
なかなか勇気がでないですー。恐怖症(笑)
でも「きみの友だち」は近いうちに手にとってみせますー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/217-e6ca1b3f

赤朽葉家の伝説 桜庭一樹

Book Designは岩郷重力+WONDER WARKZ。書き下ろし。日本推理作家協会賞受賞。物語の舞台は鳥取県紅緑村。千里眼の祖母、漫画家の母、そして何者でもない私。高度経済成長、バブル景気を経て平成の世に至る現代史を背景に、旧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。