スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くちぶえ番長 

くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10) くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)
重松 清 (2007/06)
新潮社
この商品の詳細を見る

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。
転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。
でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、
頼りになるやつだったんだ―。


雑誌「小学四年生」に掲載されたものに、書き下ろしを加え文庫されたそうです。
夏休みの宿題の読書感想文に頭を抱えていた娘に、「読め」と差し出したのがこの本。
嫌々読み始めていたのに、いつのまにか入り込んでいる。
そして無事に感想文を書き終えたようです。
私が薦めた本を読み終えることは、めずらしい。
娘が読んでいる合間に、私も読んでみる。小学生にむけられたものだけど、やっぱキュンと
きてしまった。
登場人物たちがかわいくてどこかなつかしく、生き生きと走り回ってるのです。
最初は自分がいじめられてしまうんじゃないかと弱い者いじめを見て見ぬふりをしていた
ツヨシも、マコトに影響され強い男の子になっていくんです。
マコトは明るく正義感あふれる女の子なんですが、家庭の事情を抱えていて自由に
遊ぶことができないのですが、不満なんて感じさせないんです。
それだけ家族が大好きなんでしょうね。
マコトとツヨシのお父さん同士も幼馴染で、そのへんもキュンとさせられてしまうんです。
小学生向けとはいえ、やはり重松さんだなぁ…

いつも言うのですが重松さんはリアルなところがあって、グサリとやられてしまい
苦手なところがあるんです。
家族が抱えるリアルな問題(いじめとか、死とか)が、痛いんです。
でもそろそろ読みたい頃。この本を手始めに読んでいこうかな。

コメント

小学生向けに優しく書かれていましたが、
やはり重松さんでしたね。
どんなところにもシリアスさがちりばめられていて、
これを機会に子供たちにも色々考えてもらいたい、という
気持ちが見えます。
大きくなったツヨシとマコトの物語も
読んでみたいと思いました。

そう子供でも読みやすかったようです。
それでいて心もしっかりつかんでました。
いじめのことや、お年寄りこと、家族のことを考えさせてくれて
子供には良い本だったと思います。
実際マコトやツヨシの親世代の私には、子供を残していかなければいけなかったマコトの父親にホロっとさせられました。
登場していないのにね。
いつかツヨシのところにマコトが名乗り出て…そういう物語もいいですよね。
それこそ私世代には痛いモノになりそうですが(笑)

やさしい語り口で読む人を選ばない、
素敵な物語でした。
懐かしい光景が広がっているような。
そんな気持ちで読み終えられました。
マコトの父親がマコトに伝えていったこと、
マコトのおばあちゃんへの気遣い
いろんなところに、子供へのメッセージが込められていました。
重松さんの本、「きみの友だち」「青い鳥」がおすすめです。
「青い鳥」の方が、痛さは少なめです。
トラバさせていただきました。

>藍色さん
そうなんですよね、小学生向けのせいか優しいんですよね。
でも私も都会ではなく田舎に住んでいるので、ちょっと切ないものがありました。
親世代にも、ズシっとくるものがありました。

「きみの友だち」は他の方にもオススメいただいたんですよ。
痛いかな~。でも読んでみようと思います。
「青い鳥」もちょっと気になってたんですよね。
こちらもチェックしておきます。 

装丁がすごく可愛いですね。こんな友だちがいたらどんなに素敵でしょうね。小学生が読んでどんな風に感じてくれたのでしょうか。
大人になったマコトがそのままでいてくれることを祈ります。
「きみの友だち」は本当にいいですよ~~。私はそれで重松さんのファンになったんですけど、「きみの友だち」と山本幸久さんの「幸福ロケット」は去年のナンバー1です。
どれも小学生、子供が主人公なんですよね。

>じゃじゃままさん ウチのムスメはたいへん気にいってます、くちぶえ番長。
マコトみたいな強い子は、憧れてしまいますよね。大人からみれば抱きしめてあげたくなってきます。

「きみの友だち」…この間も手にとって棚に戻してしまいました。
うー、重松さんはリアルすぎて苦しくなってしまうのです(涙)
でも皆さんが薦めてくださってるので、必ず読みます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/214-94eb72c7

くちぶえ番長   ~重松 清~

小学四年生に掲載されていた小説を文庫化。なので登場人物はもちろん小学四年生。舞台はおそらく今から30年くらい前?作者である重松さんが小学四年生のときに体験した話として進んでいきます。もちろんそれ
  • [2007/08/25 09:35]
  • URL |
  • My Favorite Books |
  • TOP ▲

くちぶえ番長 重松清

装画・挿画・装幀は塚本やすし。雑誌「小学四年生」連載+書き下ろし。語り手のぼく、小学四年生のツヨシのクラスに転校してきた女の子、川村真琴=マコトは自己紹介で番長宣言。社会科見学、腕立て歩き、ガムガム団…。一輪車

「くちぶえ番長」/重松 清

くちぶえ番長/重松 清(新潮文庫刊) 毎日、通勤電車の中が僕の読書時間なのですが、ここのところあまり読書感想もなかったので、夏休みの宿題代わりに書いてみようかと思います。 重松作品は文庫版で出版されているものはほぼ読破したつもりです。 先日、定期健診でバリ
  • [2007/09/06 12:14]
  • URL |
  • 京の昼寝~♪ |
  • TOP ▲

「くちぶえ番長」ちょっと浪花節

この作品は雑誌「小学四年生」に連載されたものを大幅加筆した文庫オリジナル版らしい。「くちぶえ番長」重松清 新潮文庫でも基本的には児童小説である。重松清の文庫は、無条件に買うことを自分に課している作家の一人なので、こういう本も読む。なおかつ、読んだ本と映..
  • [2007/09/17 07:35]
  • URL |
  • 再出発日記 |
  • TOP ▲

くちぶえ番長 重松清著。

この前に読んだ大島真寿美著の「ぼくらのバス」といい、重松氏の「くちぶえ番長」といい、小学生が主人公。 この作品は『小学4年生』に連載されてたというから児童書なんだろうな。そういえば私も『小学5年生』『小学6年生』買ってた気がする。 重松氏の作品は、子どもが
  • [2007/09/23 21:46]
  • URL |
  • じゃじゃままブックレビュー |
  • TOP ▲

くちぶえ番長 重松 清

くちぶえ番長 (新潮文庫 し 43-10)重松 清 (2007/06)新潮社この商品の詳細を見る<ちぶえ吹けば涙が止まる。マコトのような、人間でありたい>この作品は、「小学四年生」という児童向け雑誌に連載された作品です。つま
  • [2007/11/28 21:45]
  • URL |
  • それでも本を読む |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。