スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FUTON 

FUTON FUTON
中島 京子 (2007/04/13)
講談社
この商品の詳細を見る

日本文学を研究するデイブ・マッコーリーは、教え子である日系の学生エミを追いかけて、
学会に出席するという名目で東京に行く。
エミの祖父の店「ラブウェイ・鶉町店」で待ち伏せするうちに、曾祖父のウメキチを
介護する画家のイズミと知り合う…

デイブが研究しているのは田山花袋の『蒲団』
この主人公である小説家・竹中時雄は、若い女学生芳子を家に下宿させるのですが
芳子には想い人が現れ、すったもんだのあげく郷里に帰ってしまい、芳子の使っていた
蒲団に顔をうずめて泣く話だそうです。
それをデイブが妻の視線から書き直しているというのですが、竹中とデイブが重なるんですよ。
若い女の子に振り回される中年男。
でもいやらしくなく、微笑ましいくらい。みっともなさがかわいらしく感じてしまいます。
エミの曽祖父のウメキチの嘘かまことかの話も、面白い。
実際に現実を生きているのか幻想の中で暮らしてるのか。
でも確かに生きているんですよね。
中島さんらしいゆるい日常が、なんともいえません。
デイブにもウメキチにも幸せが訪れますように。
女どもは勝手に幸せをつかんでいくんだろうな。
『蒲団』も機会があれば読んでみたいけど、読まないだろうなぁ。
きっとデイブ版のほうが、気持ち的にも楽しめるものだものね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/210-6152de8d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。