スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なみだ研究所へようこそ! 

なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子 なみだ研究所へようこそ!―サイコセラピスト探偵波田煌子
鯨 統一郎 (2004/01)
祥伝社
この商品の詳細を見る

メンタル・クリニック<なみだ研究所>で働くことになった臨床心理士の松本。
しかし所長の波田煌子は幼い容姿、貧相な知識にトボけた会話で松本は調子を狂わされる。
伝説のセラピスト波田煌子の診療とはいかに!


専門家から見れば、そんな…というような<なみだ研究所>。
しかし設定はさておき、煌子と松本、もう一人の所員(会計士)の小野寺の3人のやりとりが面白い。
煌子のおとぼけぶりにキリキリ舞いさせられてるのです。
そうはいえクライエントの前で、そんなに異論を唱えていいものなのか~。
最後の話はちょっぴりホロっとしますが、これからのそれぞれの活躍に期待できますね。
煌子には新たな話があるようなので、こちらも読んでみようと思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/201-02a419c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。