スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パパとムスメの7日間 

パパとムスメの7日間 パパとムスメの7日間
五十嵐 貴久 (2006/10)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る


イマドキの女子高生・小梅16歳と、冴えないサラリーマンのパパ47歳。
偶然巻き込まれた電車事故によって二人の体と心が入れ替わる。
「大キライなパパ」になってしまった小梅と「最愛の娘」になってしまったパパ。
二人は入れ替わったまま、それぞれの難局を乗りきる為に会社へ学校へ通うことにする…


今までに入れ替わるという話はよくあったと思うのですが、意外や意外面白かったです。
小梅の気持ちとパパの気持ちがそれぞれに思わぬところをついていてリアルなんですよね。
ムスメの憧れのケンタ先輩とデートしなければならなくなってしまったパパ、
好感を持てるのにそれを認めたくないとアタフタしたり。
小梅は小梅でパパの会社で社会人としての矛盾を感じたり。
お互い入れ替わった体や立場で戸惑う姿には、正直笑えます。
確かに父親に自分の体を触られたり見られたりしたくないですよね。
でもそれぞれがパパ、ムスメのために奮闘してる姿はやっぱり家族なんだよねと好感が持てます。
決して逆転満塁ホームランとはいえないけど、いい方向に向かってる終わり方が好きです。

ドラマ化されて今ちょうど2回目が終わったところです。
原作の雰囲気そのままで楽しいドラマです。
特に舘ひろしの女子高生っぷりには、かなりツボです。
ドラマではもうちょっと展開が広がっていて、熱いとこもあります。
こっちは逆転満塁ホームランでお立ち台に上がってしまうのかな~。
それじゃちょっと出来すぎかも。
たぶん久々に最後まで見そうなドラマです。
最近恋愛ドラマより笑える楽しいドラマしか見れなくなってるなぁ…
五十嵐さんの話は映像化向きですよね。
実際ドラマ化されてるのも多いし。
できるならイケメンで2005年のロケットボーイズも映像化して欲しいな~。

コメント

昨日チラッと見て見ました。
ガッキーはちょっとねー。
だって中身がおっさんには見えませんでした。
喋り方や手の振り方がもう、女ノコって言う感じで。
たとえば2人一緒にいる場面で、友達がムスメを呼んだときは
パパのほうが先に反応するとかしないとね。
たしかに舘ひろしはけっこうお上手でした。
気持ち悪いぐらいに(笑)
奥さんとあの女子社員の攻防にパパ(ムスメ)の
絡み方には大笑いしちゃいました。
入れ替わりモノはたいてい面白いよね~(^^)

ドラマ見たのですね~。
ガッキーはちょっと不自然ですよね。
しかし女の子がおっさんを演じるのは難しいかもしれないですよね。
ムスメは結構ガッキーが好きなんですよ。
若い子から見たらいいのかしら。
舘ひろしは笑えます!
「あぶない刑事」を知っている世代は、唖然としちゃうんじゃないかしら。
反対にムスメ世代に「あぶない刑事」を見せたらビックリかも。
奥さんの麻生ユミさんは好きな女優さんなのです。いい味だしてますよね。
これからあの女子社員がいろいろ引き起こしてくれるのでそちらも楽しみ。
入れ替わりはギャップがあればあるほど面白いですね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/199-bcab0e8d

パパとムスメの7日間

パパとムスメの7日間削除提案中現在、この項目の一部の版または全体について、に従って、削除が提案されています。削除についての議論は、ので行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。}||依頼サブページはまだ作成されていま
  • [2007/08/07 09:02]
  • URL |
  • なぎさの部屋 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。