スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんまこと 

まんまこと まんまこと
畠中 恵 (2007/04/05)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

江戸は神田。玄関で揉めごとの裁定をする町名主の家に生まれた麻之助は、たいそうなお気楽もの。
支配町から上がってくる奇問に幼馴染の色男・清十郎、同心見習の吉五郎と取り組むが…


しゃばけシリーズが好きな私にはちと物足りないかも。
というのも登場人物のキャラがしゃばけシリーズに比べると地味(?)。
主人公はお気楽な名主の跡取り息子麻之助なのですが、お気楽というほどお気楽ではないような…
実際に事件に駆け回ってるではないか。もっとお気楽ぶりを発揮してほしかった。
でも話は面白かったです。どこかほっとする終わり方で、宮部さんの時代モノっぽいですね。
奇妙な縁となったお寿ずとのいく先も気になるし、シリーズ化されるのかな。
しゃばけシリーズは若い人にも時代モノの楽しさを広めたけど、この「まんまこと」も楽しみな
シリーズとなってくれれば…
あっ「ゆめつげ」もシリーズになって欲しかったなぁ。
やっぱ妖や不思議系のほうが好きなのかも。

コメント

お久しぶりです(^^;
私も「まんまこと」はちょっと物足りなかったです。
やっぱり「しゃばけ」のほうが好き♪
これからどう展開していくのかに期待ですね(o^-^o)

こんちは。
妖がでないだけ普通の時代物のような感じでしたね。
麻之助の恋の行方が気になります。

>ゆこりんさん こちらこそいつも読み逃げばかりで…
「しゃばけ」のほのぼのとしたかわいらしさがいいですよね。
時代物が好きな人には「まんまこと」は物足りないかもしれないですね。
でもメッタ切りのお二人は褒めてらしてたんですよ~。
これからどうなるのか気になりますね


>す~さんさん こんばんは!
時代モノは好きなのですが、やはりちょっと物足りなかったです。
そうですね、麻之助の恋はどうなっていくんでしょう。
お寿ずさんは好きなので頑張って欲しいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/198-902fbae4

まんまこと 畠中恵

装丁・イラストレーションは南伸坊。「オール讀物」平成17年7月号~18年12月号不定期掲載の連作短編集。収録作品:まんまこと(真真事・ほんとうのこと『江戸語辞典』)/柿の実を半分/万年、青いやつ(万年青=おもと

まんまこと   ~畠中 恵~

畠中恵の新作。お江戸を舞台にして町名主の放蕩一人息子、麻之助の活躍を描く時代物。時代物でちょっとした謎解きメインのお話とくれば「しゃばけ」シリーズを思い出すけれど、この作品では妖たちは出てきません
  • [2007/07/13 20:17]
  • URL |
  • My Favorite Books |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。