スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大統領の最後の恋 


大統領の最後の恋

  • アンドレイ・クルコフ
  • 新潮社
  • 2940円
Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/海外純文学




セルゲイ・ブーニンは孤独だった。22歳で結婚に破れて以来、どの恋にも空しさと悲哀がつきまとう。
ソ連崩壊後、政治の世界に足を踏み入れ、遂に大統領にまで昇りつめたが、真の愛は手に入らない。
だが、政敵との闘いの日々、移植手術を受けた彼の心臓の「持ち主」と名のる謎の女性が現れると、
運命は過去と交錯し、大きく動き始める。

セルゲイ・ブーニンの仕事や恋に悩む青年期、結婚生活に悩む壮年(?)期、
大統領になり孤独な老年(?)期。
この3つの時代が順番に展開され、細切れに読むのでなかなか前に進めませんんでした。
だけど青年期に起こったことが壮年老年に繋がっていき、おぉそういえばこんなことがあったよねと
見つけたときはちょっと嬉しい。
ウクライナの話なのですが、世界情勢に疎い私、ちょっとわからない部分もありました。
私が学生の頃はまだソ連だったのですが、ソ連が崩壊してからのことは正直わからないです。
この本でわかるのですが、物資が不足しているということ。
ブーニンの母が苦労して物資を調達してくるんですよね。
それに共同住宅への執着。まだまだ豊かさにはほど遠いのです。
大統領とはいえいつ覆されるかわからない情勢。
今の日本には考えられないですよね。厳しいんだよね。
こういう背景を理解していればもうちょっと楽しめたかな。
それにしても青年期のブーニンがとても大統領になるとは思えない。
いい加減な酒飲みの青年だったのに。不思議。
大統領となってからは孤独ですね。
心を許せる者がそばにいないことはかなりのストレスなのですね。
これから先の彼の人生はどうなるんだろう…
まだまだ模索は続いていきそうですね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/194-37df8e83

『大統領の最後の恋』 アンドレイ・クルコフ

『大統領の最後の恋』 著:アンドレイ・クルコフセルゲイ・ブーニンは孤独だった。ソ連崩壊後、政治の世界に足を踏み入れ、遂に大統領にまで昇りつめたが、22歳で結婚に破れて以来、どの恋にも空しさと悲哀がつきまとう。政敵との闘いの日々、移植手術を受けた彼の心臓の...
  • [2008/08/23 07:48]
  • URL |
  • *モナミ* |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。