スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめはねっ! 

とめはねっ! 1 (1) とめはねっ! 1 (1)
河合 克敏 (2007/05/02)
小学館
この商品の詳細を見る

これはかなりオススメ漫画です!
作者の河合 克敏 さんは私の大好きな柔道マンガ「帯をギュっとね!」の作者さんなのですよ。
柔道はわりとメジャーどころですがそのあとは競艇、「とめはね!」は書道部とマイナーどこをついてます。

帰国子女の大江君がひょんなきっかけから書道部に入るところから始まります。
しかしカナダ帰りとはいえガチャピンのような風貌の大江君、冴えないんです!
ある日柔道部の望月さんによって右手をケガしてしまった大江君のかわりに一時的に望月さんが
書道部に入部。
二人とも初心者なのですが彼らによって読者も書道の魅力にひき込まれていきます。
ちょうど私の住んでいる町が書道教育に力を入れてまして、思いいれの強いマンガとなりそうです。
私から手紙を受け取ったことのある人はウソと思うかもしれないですが、私も習字を習ってました。
しかし習字はなんとかなっても字は上手くはならなかった…
私の子供の頃は競書会など結構あってよく書きに行ってたものです。
今ではそんなに競書会ないのですが、娘は習字道具を学校にしょちゅう持って行くので
学校での授業は他地域に比べたら多いのではないかな。
偶然なのですがこのマンガを読んでいた頃に、娘の書いた作品を担任の先生が選んでくれ
近くの高校の文化祭に展示していただくことになりました。
天狗になった娘はこのマンガも読み、「書道部もいいねぇ」なんぞぬかしております。
でも持って帰った練習の作品を見ると、こんなものが高校生の作品と混じって展示されるなんて…
という思いですわ。娘のクラスには上手い子がたまたまいなかったのかもしれないです。
夏休みの娘の習字の宿題であんなに私に怒られていたのに、少しは成長したのかしら。
今年の夏休みは息子が怒られる予定です…
子供さんがいる方にもオススメです、このマンガ。


コメント

初めまして!!
「あら?こんな地味なマンガを好きな方がいらっしゃるなんて…」と思うと、ついついコメントしてしまいました。
河合克敏さんの作品はどれも一生懸命で無理のない感性がとても好きです。
ちなみに僕は『帯ギュ』の斉藤が一番好きです!!
すいません、まとまりなくて…

ではでは失礼いたします。

minoonさん はじめまして!
こんなヘンピなブログにようこそです。
「とめはねっ!」は読まれた方には好評ですよ~。
小6のムスメもこのマンガのおかげで書道部に憧れを持ちました(笑)
河合さんはいいですよね~。
『帯ギュ』はもう1度読み返したくて、古本屋で集めはじめました。
全部そろえて一気読みしますー!

コメントしてくれてホントありがとうございます!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/193-4e707577

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。