スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏目友人帳 

夏目友人帳 1 (1) 夏目友人帳 1 (1)
緑川 ゆき (2005/10/05)
白泉社
この商品の詳細を見る

「百鬼夜行抄」と設定がよく似ているよと、ネッ友のshortさんに教えていただいたマンガです。
同じように主人公夏目が見えないモノ(妖)が見えるのですが、「百鬼」よりほのぼのとした
印象を受けました。たぶんニャンコ先生のせい(笑)
かわいいんですよ、ニャンコ先生。
夏目の祖母がイタズラ心で集めた妖怪たちの名前を夏目が返していくという話なのですが
祖母は異端の目で周囲に見られ、淋しくて妖怪たちに手を出していたんですよね。
夏目と妖怪たちのやりとりもどこか切ないところがあるのですが、読み終えた後は
ほっとでき、読後感のいいマンガです。

ウチの娘(小6)はマンガ好きなのですが、持っているのは「ちゃお」系のマンガでして
ちょっと系統の違う「夏目友人帳」は絵がキレイとたいそう気にいったようです。
最近は子供の読むマンガにも親が気を使わねばならないんですよね…
「夏目」が掲載されているのは「LaLa」なんですね~、懐かしい~。
でもHP見たらちょっと昔と系統が違う?むむむ、難しい~。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/188-721903b4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。