スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

配達あかずきん 

配達あかずきん 配達あかずきん
大崎 梢 (2006/05/20)
東京創元社
この商品の詳細を見る

駅ビル内の書店・成風堂を舞台に、しっかり者の書店員・杏子と、勘の良いアルバイト店員・多絵の
コンビが、さまざまな謎に取り組んでいく。初の本格書店ミステリ。

どちらかというとほのぼのとしたミステリで、楽しむことができました。
ただ駅ビル内の書店なのに、お客さんのことってこんなに覚えてるもんなのかな…と小さな違和感。
町の商店街などの小さな書店ならわかるんですけど、利用客が多いお店っぽいし…
自分があまり店員に声をかけないからかもしれない。
まぁそんな細かいとこは置いといて、やはりいろんな本が登場してくるのは、いいですね。
知っている本もあれば知らない本もあり。
特に「六冊目のメセージ」はステキ。
入院している娘のために母親が本を選びにくるのですが、何を選んだらいいかわからず
店員らしき人物に見立ててもらうのです。
その本が気に入り、退院した娘さんがお礼にくるという話なのですが、こういう出会いもドラマチックよね。
この先の展開が花開くようで、読後感もよかったです。
あとは「標野にて 君が袖振る」
あさきゆめみしーーーー!たぶん多くの方が学生時代お世話になったのでは。
少し前に再読する機会があったのですが、今もなお色あせず素晴らしい漫画でした。
少々強引かもと思える展開でしたが、こちらも読後がよかったです。

このミステリフロンティアシリーズ、結構面白そうな本が多いのですが、読みたいーって
思う本は図書館に置いてないのです…
成風堂シリーズは3冊も出てるんですね。読まねば!

コメント

こんにちは。
TBさせていただきました。
今、三冊目の『サイン会はいかが?』をちょうど読んでいます。
こちらも短編集です。
ほのぼのミステリーですね♪

私も「六冊目のメッセージ」が好きです。

>percyさん こんばんは~。
TBありがとうございます。
おぉもう3冊目を読んでいるんですね!
ほのぼのとしたミステリーは、重い本を読んだ後に読むとほっとしますね。

「六冊目のメッセージ」はいい終わりかたで、読んでいて心地いいですよね。

これは本好きには堪らない作品ですよね~。
どこのコメントを見てもやはり「六冊目のメッセージ」が人気高いですね。
三作目を今予約中なのですが、楽しみです。

>じゃじゃままさん
ホント本好きの人はすごく楽しむことができる本ですね。
やはり「六冊目のメッセージ」が人気なのですね。わかるような気がします。
三冊目はどんな展開になるのか楽しみですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/180-5ec95fb9

『配達あかずきん』大崎梢著

図書館の予約待った甲斐ありました。ようやく手にしました。たまたま2冊いっぺんに順番が回ってきたので、喜びも2倍。どちらも良かったですよ。『配達あかずきん』大崎梢著配達あかずきん東京創元社このアイテムの詳細を見る第二弾は、長編推理小説に。『晩夏に捧ぐ』大崎梢

配達あかずきん 大崎梢著。

これは・・・本好きには堪らないんじゃないんですか~!本が好きな人ってかなりの確率で小説家になりたかったり、それが無理なら編集者とか、本屋の店員でも!!と思ってる人多いはず。 私にとっては書店員というのは盲点だったんだけど、もうワクワク!そうか!書店員なら大
  • [2007/06/01 10:42]
  • URL |
  • じゃじゃままブックレビュー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。