スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな熊が来る前に、おやすみ。 

大きな熊が来る前に、おやすみ。 大きな熊が来る前に、おやすみ。
島本 理生 (2007/03)
新潮社
この商品の詳細を見る


恋愛に不器用な若い女の子、3篇の短編集です。
読む前にこの本で取り上げられてることを読んでしまったので、ある意味楽しめなかったかも。
先入観にとらわれちゃうので、できるなら何もない白紙の状態で読んでほしいかも。
短時間で読めてしまう本なので、できたら恋愛モノは苦手だよな~って人にも読んだ感想を
聞いてみたいです。
私も恋愛モノは苦手なんですが、島本さんはOKなんですよね。不幸の影を感じるから?


「大きな熊が来る前に、おやすみ。」
恋人と暮らし始めて半年。恋人に父の姿を感じる。
決して幸せいっぱいといえない、不安を抱えている生活。
ある夜の出来事が彼女の心から離れない。

「クロコダイルの午睡」
大学の友人達と自宅で鍋会をすることになったのだが、苦手な都築も来ることに。
無遠慮とも言える都築なのだが、なぜかそれからもたびたびご飯を作ってあげることに…

「猫と君のとなり」
中学の恩師の葬式の帰り、酔いつぶれた後輩の荻原君を介抱したことから気になる存在になってしまう…

島本さんの小説を読んで感じるのは、動作ひとつに心情が表されていること。
何気ないことなんだけど、はっとさせられる。
「大きな熊~」で主人公と先輩の女性がご飯を食べているところがあるのですが、
なんとなく落ち込んでいることを感じさせる主人公に、先輩がハヤシライスにそえられていた
林檎を差し出す場面に、その林檎に癒される気持ち、先輩を頼りにしている気持ちが
伝わってくるような気がしたのです。
こういうのって女同士ならではですよね。
こういうさりげないとこが巧い!って思っちゃうんですよ。
ピントずれてる?私。

「クロコダイル~」では、女性として扱ってもらえない気持ち、わかる~。
ちやほやとまではいかないが、それなりに見てもらいたいよね。
若いときは一瞬、自分を磨くことも大切なんだよ。と伝えたい。老婆心だわ。
それにしても無神経に近いこのオトコ。結構好きかも。

「猫~」では、前向きな恋愛に発展しそうでよかった。不器用な女の子は応援したくなりますよね。

島本さんの描く女性が思春期に揺れる女の子から、恋愛に悩む女性に変わってきてますね。
彼女と同世代の女性を描いていってるのだろうけど、いつか結婚して子供を持った主婦とかも
登場してくるのかしら。
その時は心がえぐられそうになるかもしれない。楽しみにしてますね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/176-89e25e23

「大きな熊が来る前に、おやすみ。」島本理生

大きな熊が来る前に、おやすみ。島本 理生 (2007/03)新潮社 この商品の詳細を見る「大きな熊が来る前に、おやすみ。」普段は優しい撤平から、一度だけ暴力を受けた珠実は、どこか遠慮な態度で接している。珠実は幼い
  • [2007/05/19 17:23]
  • URL |
  • しんちゃんの買い物帳 |
  • TOP ▲

大きな熊が来る前に、おやすみ。 島本理生

装画は酒井駒子。装幀は新潮社装幀室。「新潮」2006年1月号(推敲)、9月号掲載に書き下ろし1編を併録した短編集。・大きな熊が来る前に、おやすみ。―同棲して半年の私・珠実と徹平。完全に均等に、途方に暮れていた
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。