スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミハスの落日 


ミハスの落日

Amazonで購入
livedoor BOOKS
書評/ミステリ・サスペンス



貫井さんはホントに巧い!巧いんだけど地味なんですよね。
でもそんなところが、妙にしびれたりするのです。
本書もそう。巧いんですよ。最後に、してやられた!ってなってしまいます。
どれもが外国を舞台にした短編。異国情緒がとてもステキなのです。
あとがきによれば実際にその国々を旅されたそうです。納得。

「ミハスの落日」
ある富豪の老人に呼び出された青年。二人には何があったのか…
読んでいると、この話読んだことがある…と思ったらアンソロジー集の「大密室」に載ってました。
そのときも確か地味だけど巧いなぁと感心した覚えがあります。
1度読んだのに結末を思い出せないまま、読み終えてしまいました。
ミハスは見たこともない土地なのですが、風景が目に浮かんでくるんです。
静かな旅行地…そんな印象の残る1編でした。

「ストックホルムの埋み火」
ストーカーのビデオ屋店員が引き起こした事件。その捜査に携わった刑事。
この話が1番好みでした。ストーカーの身勝手な心理、刑事の過去、同じく刑事だった父とのしがらみが
話に奥行きを持たせ、話にひき込まれていくのです。
はっとさせられる結末も控え、貫井さんの巧みさに驚かされます。

「サンフランシスコの深い闇」
保険調査員の男が、ある人物に頼まれ事故で夫を失った未亡人を調べるのですが…
これはアメリカ映画を観ているように楽しめました。
警察の面々や、未亡人の女性、証言してくれる人々。
それぞれに個性的で、ホントにこんな映画見てみたい。
最後は少々ブラックですよね。この先がどうなったのか…気になるようなそっとしておきたいような…

「ジャカルタの黎明」
日本人が登場するのはこの1編だけですね。主人公の娼婦の客となったのがこの日本人。
なんだか怪しい人物なのですが、彼女の話を聞いたりと信頼を得ているのです。
娼婦となったのも身勝手な夫のせいで、抜け出ることも出来ず運命を受け入れるだけ。
そんな彼女のまわりで事件が次々と起こるのです。
この話もひっくり返されますね。巧いわ。
女性心理も巧みなんですよね。

「カイロの残照」
アメリカ女性からのガイドの指名。女性一人旅でただの観光ではなく訳ありな様子。
そして彼女の頼みを聞き手助けをするのだが…
若き日の過ちは大きな代償となってやってくる。
悔いても悔いても元に戻ることはできない。
読み終えてモヤっとします。どうすれば彼はよかったのか…


派手さはないけど、結構好みの短編集でした。
「空白の叫び」も好評なので近々読みたいな。

コメント

私は、どうもイマイチだったんですよね。人間が小さいんでしょうかね~。
え?日本人出てないの?って。でも「カイロの残照」はわりと好きです。

>じゃじゃままさん 
好みは人それぞれですからね^^;
外国が舞台だったけど、あまり気にならなかった私のほうが視野が狭いのかも~。
私は「ストックホルムの埋み火」が好きでした。

TBさせていただきました。
外国情緒豊かな素敵な短編集でした。
それぞれ違ったトリックを楽しみことができました。

>花さん TBありがとうございます♪
メジャーな外国でないところがいいですよね。
私も楽しく読めた本でした。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/173-c53dcc68

ミハスの落日 貫井徳郎著。

なんだか時間がかかりました。これはすべて海外を舞台にした短編小説を書くという趣旨で書かれてるので、私の感想なんぞは戯言と思ってください。 やはり、ほとんどの人物が外国人ってのは違和感ありました。だってこれ日本人作家だよね~、ジュアンだのオルガスだの、マフム
  • [2007/07/13 17:07]
  • URL |
  • じゃじゃままブックレビュー |
  • TOP ▲

ミハスの落日 貫井徳郎

装幀は新潮社装幀室。章扉写真は貫井徳郎。カバー写真はJTBフォト。主に「小説新潮」1998年10月号から2006年10月号まで不定期掲載。世界各国五つの都市が舞台のミステリー短編集。・ミハスの落日面識もない財

本「ミハスの落日」

ミハスの落日貫井徳郎  新潮社 2,007年2月  「ミハスの落日」ジュリアンは、製薬会社創業者のオルガスから、ミハスまで、来てほしいという電話を受け会いに行き、昔のジュリアンの母の話を聞く・・・・これも密室殺人になるのか?
  • [2007/07/17 23:18]
  • URL |
  • <花>の本と映画の感想 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。