スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薄闇シルエット 


薄闇シルエット

  • 著:角田光代
  • 出版社:角川書店
  • 定価:1470円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く




古着屋を経営している37歳のハナは、恋人から「結婚してやる」と言われるのだが違和感を感じる。
そして今まで順調だった仕事に恋に、いろいろ考えることになる…

あぁ確かにわかる。ハナとはまさに同世代。
自分のやってきたことにはプライドがあるんだよね。と贔屓目に見てたのだが…
実際のところ私は結婚して子供までいて妹のナエの立場なんだよね。
だからナエの気持ちが一番よくわかる。
自由に生きている姉を羨んだり、ダンナへの反抗のしかたまでよくわかる。
そうなのよね、大胆な反抗なんて主婦はできないんだよね。
ハナはそんなところが鈍感だ。
最初はわかるよその気持ちなんて思っていたけど、じつは一歩引いたところからハナを見れば
じつに他力本願ば女なのだ。
古着屋にしてもそう。頑張ってるんだと思っていたが、じつは共同経営者におんぶにだっこ状態じゃないか。
恋人にしたってそう。結局は結婚して二人の生活に疑問を持つならナゼ彼に言わない。
自分も結婚してあげるという気持ちになってんじゃん。
母を否定しているけど、その母がいなきゃ今の自分があることをわかってないし。
結局布絵本にしたってそうじゃん。
自分の力だけじゃ出来ないだろうけど、そのまま流されていってるし。
あーなんか嫌な女だよって思うのだけど、ハナ自身もそんな自分をどうしたらいいのか
わからず、悩み、模索しているのだ。
その姿がリアルなんだよね。
誰もが人の力を頼りに生きているし、自分を支えてくれる人がいるし。
ただそれを忘れちゃいけない。
自分だけが頑張ってるんじゃないってこと。忘れちゃいけないよね。

コメント

こんばんは★
自分の生きかたに惑う女性たちの様子が、
すごくリアルに描かれていましたね。
その人はその人になっていくしかない、というチサトの言葉が印象的でした。
惑いながらも自分を見つめることを忘れたくないなと思う作品でした。

Rutileさん こんにちは!
30代の女性って結婚していてもしてなくてもいろいろ迷う年代だと思います。
かくいう私も迷ってばかり。
このリアルさが、痛いです。
いろんな意味でグサリとくる作品でしたね。

立場は違うんですが、なぜかハナちゃんに激しく共感したわたし・・。
他力本願とか流されるというところで、自分と同じ匂いを感じたのかも。
bonさんの記事で気づきました。イタタ・・。
でも角田さんのこのリアルさ、痛さはすごいと思います。

juneさん こんばんは~。
ハナのやること考えることには、共感する部分が多いんですよ。
そうハタと気がつけば、私も他力本願な女。
痛いですよね~。
ホントどうしてこうリアルなのかしら。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/166-cc93c10a

『薄闇シルエット』角田光代

シェアブログ1152に投稿雑誌などで、活躍している人の記事を見ると年齢を確認してしまう…今の自分にそれなりに満足しつつも、自分の選ばなかった自分の人生にあれこれ空想を巡らせてしまう…そんな妙齢にさしかか
  • [2007/03/13 23:49]
  • URL |
  • 道草読書のススメ |
  • TOP ▲

薄闇シルエット  角田 光代

薄闇シルエット角田 光代 07-49 ★★★☆☆ 【薄闇シルエット】 角田 光代 著  角川書店 《女、37歳にして惑いまっくたって、……いいじゃんか》 内容(「BOOK」データベースより)ハナは下北沢で古着屋を経営している37歳。仕事は順調。同年代の男よりも稼い
  • [2007/03/16 21:31]
  • URL |
  • モンガの独り言 読書日記通信 |
  • TOP ▲

「薄闇シルエット」角田光代

薄闇シルエットなんだか懐かしいような優しげな表紙とタイトルです。でも角田さんの本を表紙のイメージで判断すると痛い目にあうこともあります。これももしかしたら黒角田かも・・とかなり疑り深くなりながら読みました。でもこれは白黒というよりも、「対岸の彼女」を....
  • [2007/03/17 23:53]
  • URL |
  • 本のある生活 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。