スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウフ.2007年3月号 


ウフ.2007年3月号

  • 著:「ウフ.」編集部
  • 出版社:マガジンハウス
  • 定価:250円
livedoor BOOKS
書誌データ / 書評を書く



マガジンハウスのPR誌「ウフ.」の3月号です。
今回は面白かった。
ほしよりこさんの日記では、喫茶店での一場面に激しく同意。
相席となった人たちの会話に引き込まれて、本に集中できず同じ行を行ったりきたり。
そうそうこんなことあるよね。というかしょっちゅうかもしれない。
あと先月も森三中の大島さんのエッセイが面白かったのですが、今月もよかった。
リアクション芸人の諸先輩方に対する敬愛の念が書かれてるのですが、奥深い芸なんだなと感じました。
テレビでは上っ面を見て、ばかだねぇと思われる芸人も人知れない苦労があるのです。
そういえば以前テレビで見たのですが、ダチョウ倶楽部のメンバーが熱湯に入るすったもんだを
やっていたのですが、じつはその間に入る人の心臓マッサージをしていたりと見えない努力をしていたんです。
感心したのを覚えています。
大島さんのエッセイはもっと読んでみたい気がします。
私の好きな中島京子さんが本を紹介しているのも結構笑えました。
斉藤美奈子さんの渡辺淳一の話も面白かった。
「化身」→「失楽園」→「愛ルケ」は日本経済に沿ったものらしい。
なるほど時代を感じます。引き気味ですが、この流れで読んでみたい気もちょっとあったりして(笑)
翻訳家の岸本佐和子特集はちょっと気になりますね。
翻訳された本たちも、ちょっと変わったもの。
いつか手にとってみたいです。

大手書店でしか手に入らないらしいPR誌。
できれば毎月読みたいな。ちょうどいい薄さなんだもの。

コメント

きゃはは、実は読んでいたりします。
「化身」「失楽園」の2作品は・・・。
渡辺せんせー、医療モノも面白く読ませるので一時ファンで読みまくっていました。
ちょうど、映画いっぱい作られていたころかな~。
今はもう、全然読む気にならないんだけど、若気の至りだったのかな。
面白かったのは面白かったですよ!一気に読まされる魅力があったはず。(記憶が怪しいけど)
bonさんも挑戦されたなら語り合いましょう!(笑)

読んでますか~。それならば「愛ルケ」も♪
「愛ルケ」は男女のあのコトばかりらしく、ただひたすらセコイんだそうです。
バブル→バブルの名残り→不景気日本ってかんじなんだそうな。なるほど~ですね(笑)
ウヒヒ読んでみようかな~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/163-f4ca6880

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。