スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョコレートコスモス 

チョコレートコスモス チョコレートコスモス
恩田 陸 (2006/03/15)
毎日新聞社
この商品の詳細を見る

演劇経験のないまま劇団に入り、天才的な演技をする佐々木飛鳥。
一方役者一家で育ち幼いころから舞台に立つサラブレッドの東響子。
自分の演技にプライドを持ちながら、その位置に揺らいでいる。
そして伝説の映画プロデューサーが女二人の舞台を手がけるという噂が起こる…


読んだ方のほとんどが「ガラスの仮面」を語ってらっしゃるのですが、まさに「ガラスの仮面」!
地味な少女が、いったん演技に入ればまるで別人のようになって観る者を圧倒的にひきつけていく。
王道ですよ!コレ。
自分の実力にまったく気付いてないというところも憎らしい。
読んでいるうちに彼女の予想もつかない演技には驚きます。
それを観ている響子も、彼女をライバルと認めざるを得ないんですよ。
というか一緒に演技することに、歓びを見出しているのです。
まさにマヤと亜弓さんじゃん。
だけど話は全然違うんですよね。
それにしてもなんでこんなところで終わるのー!
まるでプロローグで、まだまだこの二人の物語は続いていくんじゃないかと思えてくるのです。
果てしなく続いていきそうなところまで一緒だわ。
それに脇役までもが、いいかんじでかなり広がってるし。
演劇に対して熱いんですよね。
実際こういう舞台を観たことがないのですが、面白そうですよね。
そういえば最近はTVでも劇場中継が増えているらしいです。
機会があれば観てみたいな。
しかしドラマとか映像化されるより、漫画で読みたいという気持ちが強いのは、何故!?

コメント

おはよ~♪
bonちゃんのレビューを読んでたら、私もあのときの記憶がよみがえってきました!
「ガラスの仮面」とシチュエーションは一緒なんだけど、全く違う話で、文章だけであそこまで読者をひきつけることが出来るなんてすごいよな~恩田さん、と思います。
これがもし実写(映画やドラマ)になると配役のイメージがそれぞれの読者にあって難しいかもねぇ。
漫画っていいかも?と私も賛成!

そうそう一緒なんだけど、話は違うのよね。
こっちのほうが今っぽいよね。
文章だけでも情景が思い浮かんでくるし、面白かった~。
実写は難しいよね。
でも「ガラスの仮面」もドラマになった時は、うーーんと言いながらも見てた気がする(笑)
漫画になったら読みたい~。

読んでいるだけで、舞台を見ているような気分になりましたね。
その文章力はすごいと思いました。

花さん こんばんは。
特に舞台の場面は面白かったですよね!
演劇を目の前で見たことがないので、見てみたいです。
迫力があるんだろうな~。

こんばんは、bonさん。
何か、迫力がありましたね。
演劇というか、新劇には客とが一体感になる不思議なるものがあります。
機会があれば是非。

>モンガさん こんにちは!
そうそう活字なのに迫力がありましたよね。「ガラスの仮面」世代にはビンゴ作品かもしれないです。
演劇は面白そうですねー。地方だとなかなか機会がないのですが、ぜひ観てみたいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/162-3600f86b

恩田陸【チョコレートコスモス】

森山良子のアルバム【あなたが好きで】に収録されている『30年を2時間半で……』という曲をご存じだろうか? あなたが好きで森山良子 (2004/12/29)ドリーミュージックこの商品の詳細を見る厳密に考えて、これを
  • [2007/02/19 15:08]
  • URL |
  • ぱんどら日記 |
  • TOP ▲

妄想キャスティング――恩田陸【チョコレートコスモス】

この本を読んでいて、ヒロイン「佐々木飛鳥」を演じる宮崎あおいのイメージが頭に浮かんでずっと消えなかった。ぱんどらの妄想キャスティング、主役の「佐々木飛鳥」は宮崎あおいに決定。難しいのは、演
  • [2007/02/19 15:09]
  • URL |
  • ぱんどら日記 |
  • TOP ▲

『チョコレートコスモス』恩田陸

チョコレートコスモス恩田 陸 (2006/03/15)毎日新聞社この商品の詳細を見る「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」幼い時から舞台に立ち、多大な人気と評価を手にしている
  • [2007/02/19 19:27]
  • URL |
  • まろ茶らいふる |
  • TOP ▲

チョコレートコスモス

チョコレートコスモス恩田陸  毎日新聞社  2006年3月 映画業界では伝説的な芹澤泰治郎が、新しく芝居を計画している。そのオーディションが行われるといううわさに、ベテラン女優の東響子は、揺れる。一方、芝居の経験のない佐々木飛鳥は、劇団に入団するが、天
  • [2007/02/27 22:21]
  • URL |
  • <花>の本と映画の感想 |
  • TOP ▲

チョコレートコスモス  恩田 陸

チョコレートコスモス恩田 陸 07-12 ★★★★☆ 【チョコレートコスモス】 恩田 陸 著  毎日新聞社 《演劇が舞台、それは読者が観客です》 出版社 / 著者からの内容紹介より「まだそっち側に行ってはいけない。そっち側に行ったら、二度と引き返せない。」幼
  • [2007/03/11 19:03]
  • URL |
  • モンガの独り言 読書日記通信 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。