スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陰日向に咲く 

陰日向に咲く 陰日向に咲く
劇団ひとり (2006/01)
幻冬舎
この商品の詳細を見る

読んだ人が概ねよかったと言う感想だったので、ずっと気になっていました。
予約数も意外と多くずいぶん待ってようやく読めた。
いささか旬をすぎたような気もして、あまり期待せずに読み始める。
「道草」ホームレスにあこがれ、ホームレスの真似事を始める男の話。
ふーん、言われるほどじゃないよね…なんて思っていたら次の「拝啓、僕のアイドル様」から、
おっと思わされてくる。
売れないアイドルのおっかけをしている男の話なのだが、これがなかなか面白い。
こんなやついるいると笑い、ちょっとしんみりさせられるのです。
「ピンボケな私」では、見事にダメな女になっちゃってるし、「Overrun」でギャンブル好きだけど
気の弱い男の心の動きが見事。
いやぁびっくり。
確かに文章からいったら大味なかんじもするのですが、心の声が目の前で展開されているように
聞こえてくるんですよね。面白い。
まさに劇団ひとりだわ。一人で何人も演じきっている。
それにどの章にもリンクするところがあって、あっこいつ!こんなところにとか、あの場面ではこいつが
こんなことしてたのねと、世間は狭いというか人との縁を感じさせられたりする。
最後の「鳴き砂を歩く犬」では、ホロッとさせられたりするんです。
売れない芸人と、その尻を叩く女。
一方通行にも思えるのだけど、巡り会うべくして巡り会った二人なのです。
なんかこういう生き方をしてきたのも、よかったのかもしれないね。

じつはこの本が出る前からも、劇団ひとりは好きな芸人でした。
私は一般ウケするような芸人よりも、ネチネチとしたネタをする芸人が好きなのです。
友近とかもね。
誰も気にしないしょーもないところを見つけ、それを立派なネタにしてしまう、そんなところが好きなのです。
本が売れたせいか、それとも実力が認められたのか映画やドラマでも活躍するようになりましたよね。
前のようにマイナーな芸人でいて欲しかったような…

読み応えはどうかと思うけど、さらっと読めるし手にとると楽しめる本。
リラックスできる本ですね。

コメント

こんにちは

bonさんこんにちは!私もこれ、図書館に予約いれてるんですが、
案外(失礼)人気の様で、結構待たされていますσ(^_^;)
そっか、何となく私小説だと思ってましたが、違うのですねー。
何かおもしろそうじゃないですか~。
期待せず、サラっと読んだら、それなりに楽しめそうですね。

劇団ひとりさんは、すっかり売れっ子になってしまいましたねー。(残念風)

こんにちは。

予想以上に面白かったですよね。正直なめてたのでびっくりでした(笑)
最近よく出てますよねー。クイズとかに出るより、コントが見たいな、と思います。

>えびすけさん こんばんは!
そうなんですよね、結構人気ですよね。
「ダ・ヴィンチ」の去年の投票でもハリポタについで2位だったんですよ。
彼のコントを見ているようなかんじで、面白かったですよ。
テレビを見てるように読める本ですよ~。

そう売れっ子ですよね。ちょっと残念ですよね。

>ざれこさん 私もなめてました。
リンクのしかたが、ツボですよね。
ホント映画にも出るし、それも結構いい役で!
たまにはコントも見たいですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/154-22fa2b80

「陰日向に咲く」劇団ひとり

陰日向に咲く発売元: 幻冬舎価格: ¥ 1,470発売日: 2006/01売上ランキング: 1294おすすめ度 posted with Socialtunes at 2006/08/24劇団ひとりって、なんかさあ、「調子に乗ってる」顔をしてる気がする。別に彼の性格とか芸風とか(あまり知らないけど)が調子に乗ってるか
  • [2007/01/17 21:57]
  • URL |
  • 本を読む女。改訂版 |
  • TOP ▲

劇団ひとり

劇団ひとり劇団ひとり(げきだんひとり、本名:川島 省吾(かわしま しょうご)、1977年2月2日 - )は、お笑いタレント・俳優・作家。千葉県千葉市出身。身長174cm、体
  • [2007/01/19 02:32]
  • URL |
  • hinataの日記 |
  • TOP ▲

陰日向に咲く<劇団ひとり>-(本:2007年49冊目)-

出版社: 幻冬舎 (2006/01)ISBN-10: 4344011023評価:88点やられた。思わず涙ぐんでしまった。いい話を書くじゃないか、劇団ひとり。5つの作品の主人公は、世間一般的に言えば底辺を這いずり回るような人たち。ホームレスであったり、多重債務者であった...
  • [2007/05/14 00:26]
  • URL |
  • デコ親父はいつも減量中 |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。