スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NO.6 #3 

No.6 (#3) No.6 (#3)
あさの あつこ (2004/10/09)
講談社
この商品の詳細を見る

西ブロックに逃れてきた紫苑は、イヌカシと呼ばれる少年から犬の世話をする仕事を頼まれる。
西ブロックでは異質な紫苑の性格は少しずつまわりに影響を与えはじめていた。
ある日、紫苑はあることから幼馴染の沙布に危険なことが降りかかっているのではないかと思う…


「NO.6」にいたころの紫苑と同じようにエリートコースを歩んでいたはずの沙布は研究員たちによって
捕らえられ、矯正施設に送られるのです。
謎なんですよね。
同じ頃あのハチたちが動き始めるし、理想郷の「No.6」に何か不穏な空気が漂い始めてるのです。
紫苑たちになにができるのか?沙布を救えるのか?
大事なものは遠くに行ってからじゃないと気付くことはできないのかもしれないですね。
紫苑もネズミも大事なものをこれ以上なくさないといいのですが…

コメント

今年もよろしくお願いいたします。

大変遅くなりましたが、

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
今年の春は、お互い子どもたちの入学、入園で忙しそうですね(*^^)v

#3まで読み進んだんですね。
是非是非、#5まで読み進めてくださいませ。感想楽しみにしています!

年末年始は、毎年恒例で夫の実家に行っていて、読書はできませんでした(>_<)
久々に昨晩から本を読むことができて幸せでした。ちなみに、今は、年末に借りた『空飛ぶタイヤ』を読んでいます。直木賞候補になっているのを今朝知りました。1/3読みましたが、読みごたえあります。

今年も、たくさんの本を教えてくださいね~。

percyさん あけましておめでとうございます。
ホント今年の春はたいへんですよねー。
楽しみなようで淋しいようで…

#3まで読みましたよ~。
この調子で終わりはあるんですかねぇ…
謎がどんどん膨らんでいきますね。

おぉ「空飛ぶタイヤ」は私も今日図書館が開いたので借りてきました。
2段組だけど、ぐいぐい読めそうですよね。

こちらこそいろいろ教えてくださいね♪

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/148-dbdd54d8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。