スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家守綺譚 

家守綺譚 家守綺譚
梨木 香歩 (2004/01)
新潮社
この商品の詳細を見る

亡くなった学生時代の友人高堂の父に頼まれ高堂家の家守をすることになった綿貫。
四季折々に変化する自然と触れ合い、そこで体験する不思議な物語。


なんてステキな世界なのでしょう。
庭のサルスベリに懸想され、死んだはずの友人が床の間の掛け軸より訪ねてくる、不思議な犬ゴローと
出会い、河童・人魚・小鬼とも出会う。
自然を愛で、散歩を楽しみ、季節のものを食す。
100年前の日本はこういう世界だったのかもしれないですね。
ここに登場する植物たちも、ささやかなものばかり。
普段は忘れがちな植物も、四季を奏で立派に生きているのです。
幻想的な世界に酔うのですが、「生」と「死」にも考えさせられもの悲しく奥深い世界だと感じました。
最後の「葡萄」あの葡萄を食べていれば…
綿貫をこちらの世界に引き戻してくれたのは、家を守らねばという気持ち。
いろいろな不思議な生き物や隣のおかみさん、寺の和尚との出会い、綿貫は恵まれているのかも
しれないですね。

読まれた皆さんが手元に置いておきたい本とおっしゃってるのもうなずける本でした。
私も手元に置いて愛でたい本です。

コメント

単行本が出たんで買ってしまいました。
時々パラパラとめくったりなでたりしてます。

juneさんはお手元にあるのですね。
季節折々に触れられたらいい本ですよね。

はじめまして

この本のシットリした怪異の世界、なかなかいいですね。
梨木香歩さんにスッカリはまってしまいました。
私は文庫で読んだんだけど、単行本のカバーもステキな感じです。

bonさん☆今晩は
いろんなものとの不思議な出会いがステキでしたね!
季節や自然を身近に感じながら生きるっていいなぁって思いました。(#^.^#)

>hoy.さん
この世界いいですよね。
私は梨木さんは初めて読んだのですが、他の作品も早く読みたい気持ちになってきました。
装丁もステキですよね。

>Rokoさん 
そうですね、出会いひとつひとつがたいへん愛しいものでしたね。
自然を愛でる気持ちは忘れがちだけど、こういうふうに触れ合えたらステキですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/137-75d130cd

家守綺譚

家守綺譚こういう話はとても好き。手元に置いて折に触れページを繰りたくなる本です。亡友の父親から、家族の住んでいた家の家守を頼まれた物書きの主人公の1年。その古い家と庭での生活では、百日紅から惚れられるとか、床の間の掛け軸から亡友がたずねてくるとかい....
  • [2006/12/24 22:59]
  • URL |
  • 本のある生活 |
  • TOP ▲

『家守綺譚』 梨木香歩

家守綺譚posted with 簡単リンクくん at 2006. 4.18 梨
  • [2006/12/25 00:02]
  • URL |
  • ついてる日記? |
  • TOP ▲

家守綺譚 梨木香歩

時代は、今から百年ほど前。自称文筆家の綿貫征四郎は、以前に湖でボートを漕いだまま行方不明になった親友高堂の実家の、屋敷の家守をすることになった。この話は、そこで征四郎が体験したさまざまな不思議や怪異を記したものである。28の掌編には、「さるすべり」「都わ
  • [2006/12/25 00:03]
  • URL |
  • ふくらはぎの誘惑曲線 海賊版 |
  • TOP ▲

家守綺譚 梨木香歩

家守綺譚この本はディックの本棚のディックさん、おいしい本箱DiaryのERIさん、コンパス・ローズの雪芽さん、老水亭のOimizuさんにオススメいただきました。ありがとうございました。■やぎっちょ書評植物。草、花が見事に描かれていました。たとえて言うなら、...
  • [2007/06/09 15:51]
  • URL |
  • "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。