スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沖で待つ 

沖で待つ 沖で待つ
絲山 秋子 (2006/02/23)
文藝春秋
この商品の詳細を見る

芥川賞受賞作ともう1篇。

「勤労感謝の日」
少しだけ義理のある近所のおばさんを立てて見合いをした無職の主人公。
現れた相手は風貌も冴えない上に仕事大好き人間を自慢するような輩だった。

読み終えた後せっかくだから勤労感謝の日に読めばよかった…なんて思ってしまいました(笑)
気入らない見合いを蹴っ飛ばし、呼び出した後輩と飲み、その後も一人行きつけの店で飲む。
ただそれだけなのにパワーに圧倒され、ひきこまれてしまうんですよね。
それからどうなったんだろうって思うことは思うけど、この日の日記を垣間見たってことで、
それはそれでよかったのかも。

「沖で待つ」
住宅設備機器メーカーに入社して同じ福岡支社に配属された同期の太っちゃんから、
もし自分が死んだらパソコンのHDDを壊してくれと頼まれる及川。
不慮の事故で死んでしまった太っちゃんとの約束を果たす…

男女雇用機会均等法によっての女性総合職であり、バブル時期も重なり働き詰めだった及川。
自分の職歴が小さいところばかりだったので、そういう大きな会社でバリバリ働き同期の仲間がいる及川が羨ましかったりします。
今自分が働いてるのは水道屋の事務なので、住宅設備機器メーカーのこぼれ話が楽しめました。
建築関係の仕事ってバブル時期は忙しすぎるし今もホント厳しいんですよね。
太っちゃんのような同期は本当に心強いものだし、その絆はなによりもかえがたいものだと思います。
絲山さんの実体験そのものなんだろうな…

絲山さんは短編というイメージなのですが、この本もすぐに読めてしまうんですよね。
なんだか読み終えてしまうのが、もったいないかんじ。
長編を読んでみたいですよね。こっそりリクエスト。

コメント

こんばんは、bonさん。
TBできませんでしたのでコメントを。
本当に、そうですね、短篇でもったいない感じと言うのがわかりますよ。
私も、長編を期待したいですね。

モンガさん おはようございます。
私のほうもTBしてみたのですが、できなかったようです。
できるときとできないときがあるんですかね?
短編が魅力なのかもしれないけど長編読んでみたいですよね。

bonさん☆こんばんは
絲山さんの小説に登場する女性って、みんな男前だなぁって思いませんか?
長編も書いて欲しいですよね。

Rokoさん こんばんは。
そうですね、この2つとも男前な女性でしたよね。
長編だとどんなかんじになるかな。
ぜひぜひお願いしたいですねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bonhondana.blog16.fc2.com/tb.php/125-c200ea93

絲山秋子【沖で待つ】

この本を読み終えた瞬間、古い記憶が怒涛のごとく頭の中になだれ込み、脳がフリーズした。そんなこと言ったって、このブログを読んでいる皆さんには訳がわからないと思うけど、このまま私の超・個人的な昔話に入ってしま
  • [2006/12/01 10:46]
  • URL |
  • ぱんどら日記 |
  • TOP ▲

『沖で待つ』 絲山秋子

沖で待つposted with amazlet on 06.07.03 絲山
  • [2006/12/03 00:26]
  • URL |
  • ついてる日記? |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。